FC2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

中津渓谷上の道路

県道中津公園線の中津渓谷上の道路は崖が迫り迫力ある道路
20-08-10中津渓谷崖道路

竜宮淵上の一枚岩も大迫力、下を通る車が小さい。
20-08-10中津崖






関連記事

中津川上流の無名滝

中津渓谷上流上名野川下組付近の渓谷にある二股に分かれて落ちる滝
20-0808中津川上流の滝


20-0808中津川上流の滝0


20-0808中津川上流


20-0808中津川上流1



関連記事

仁淀川水系の国定・県立公園と主な支流

石鎚山を源に太平洋に注ぐ仁淀川の本流と支流には国定公園一つと県立公園七つが存在する。
仁淀川水系公園

👇 国定公園と意外と多い県立公園
仁淀川環境2

👇 仁淀川水系の主な支流
仁淀川水系流域図

👇 仁淀川水系 (880804) | 国土数値情報河川データセット
仁淀川全体の212の支流が全部分かる赤色の線をクリックすると河川名が分かるようになっちょります。

👇 国土交通省 仁淀川水系河川整備計画HP
仁淀川水系河川整備計画
関連記事

令和2年の仁淀川大橋下の夏

世界中コロナウイルスで大騒ぎの中、高知は今のところ平和だが?この先はどうなる??
橋脚の下で飛び込む学生さんの画像はボカシを入れました。
20-08-03仁淀川大橋下0

20-08-03仁淀川大橋下5


国道56号線に架かる仁淀川大橋下は車で来れて二本の橋の下は日陰で涼しい
8月の平日休みはわんこを連れた人、学生とかが涼みに来てゆっくりするには丁度良い。
20-08-03仁淀川大橋下


20-08-03仁淀川大橋下2


20-08-03仁淀川大橋下4

44秒の動画
関連記事

梅雨明けの夕焼け?7月29日

鏡川橋近くからの夕焼け、後ろは上本宮町 普段より遅い梅雨明けか?
20-07-29鏡川橋


20-07-29鏡川橋1


20-07-29鏡川橋2
関連記事

大豊町立川番所跡の見事な茅葺屋根

藩政時代に行われた参勤交代の土佐での最後の宿所だった立川番所書院・その天井裏
19-11-10茅葺屋根裏

茅葺屋根は残念ながら土佐では職人さんが一人になったとのこと、材料も県外からの
調達。令和元年には仁淀川町泉の番所跡の屋根がガルバリュームの屋根になった。
19-11-10茅葺屋根裏0

堂々たる立川御殿を正面から見た画像。明治時代に譲り受けた鈴木氏が旅人宿に
し1部改造されている。その後町が譲り受け旧立川番所院として昭和49年国の重要
文化財に指定された
19-11-10立川御殿正面

一段高い部屋は藩主の寝所 👇
19-11-10藩主寝所


19-11-10立川御殿部屋


19-11-10立川御殿説明

関連記事

藩政時代の高知城の絵図

詳しい年代が書かれて無いが野中兼山邸跡とあるのでおそらく1600年代後半に
書かれた高知城絵図を 吉松靖容氏が毎日高知城天守に行き見事に同じ大きさに模
写したものです。数年前管理されてる息子さんの了解を得て写真を撮らせて頂きました。
藩政時代之高知城_0

上の画像は中心部を切り取っちょります。
縮小した全体の絵図は👇
20-07-26藩政時代之高知城1


関連記事

寺田寅彦と父母と彼の3人の妻の墓所

理学博士・物理学者でもあり随筆家でもあった寺田寅彦は高知市東久万に眠る。
寺田寅彦ブログ
寺田寅彦の生まれは東京だが幼時に大川筋に帰る。第五高等学校で漱石に英
語と俳句をまなび、東京大学に行く時代に正岡子規を識る。大学院で実験物理学
を研究する一方ホトトギスに写生文を発表。東大講師・助教授を経て留学帰朝後

教授になる。理学博士、物理学者で(天災は忘れられたる頃来る)の警句は有
名。寅彦の研究と興味は広凡で物理学の全分野にわたり論文は250篇に達し
ている。随筆・俳句の他、多芸・多趣味であった。
 以上 土佐史談会発行の)土佐の墓)より


寺田寅彦の父 利正は文久元年永福寺門前の「井口事件」があった時、親戚に
依頼され少年宇賀喜久馬の介錯をし、また、利正は後に陸軍会計官として
西南戦争にも従軍しています。 
以上  前田秀徳著「龍馬からのメッセージ」
20-07-21寺田寅彦の父墓

寅彦は妻に恵まれず 手前の紳は3番目の妻、昭和33年72才で亡くなり。
その隣が2番目の妻 寛子で大正6年31才で亡くなり。その隣が最初の妻
夏子で明治35年20歳で亡くなってます。
20-07-21寺田寅彦墓2

寺田寅彦墓誌
20-07-21寺田寅彦墓誌


20-07-21寺田寅彦墓説明

動画



ここに寺田寅彦の墓入り口 ここから300mの標識
関連記事

苔の参道は踏むのをためらう、、二所神社参道

苔マニアには堪らん所、ここは名野川二所神社のカーブになった参道
20-07二所神社への苔の階段

そのまま上がらず すんぐに左に上がり振り返ると下に中津川が見える。
雰囲気は良い、、が行きたい人はマムシに用心して行ってよ。
二所神社手前橋

上の画像を中津川から撮った、四国電力名野川発電所取水口 
20-07四国電力名野川発電所取水口


中津川に落ちる小滝 小さい流れがやがて仁淀川本流に、、太平洋にそそぐ。
20-07-18二所神社手前小滝

鳥居をくぐり 苔の階段を上る 
20-07二所神社への苔の階段22


20-07二所神社への苔の階段3


20-07二所神社への苔の階段4

二所神社拝殿、多分ここには父母兄弟が名野川に疎開した時来たはず、自分は0才の為残念ながら覚えちょりません。
20-07二所神社の二本の大杉

関連記事

夏でも涼しい中津渓谷を17ミリの広角レンズで撮りながら散歩

中津渓谷県立自然公園と言う名が付いた場所だけあり遊歩道も完備され快適に歩ける場所
20-07-18中津渓谷

キャノンEOS 6D Mark II  EF17-40mm F4L USM
20-07-18中津渓谷1


20-07-18中津渓谷2


20-07-18中津渓谷4


20-07-18中津渓谷5


20-07-18中津渓谷社


20-07-18中津渓谷案内図


20-07-18雨龍の滝
関連記事

板垣退助没後102年祭が誕生地(高野寺)で行われた。

自由民権の神様と言われた板垣退助伯の玄孫高岡功太郎氏がお焼香
20-07-16板垣没後102年1

高知市中島町高野寺  没日供養
20-07-16板垣没後102年

没後100年祭りの時 東京の板垣退助顕彰会が造った位牌の裏には安倍晋三の名前がある。
20-07-16位牌表裏

NHKの取材を受ける玄孫の高岡功太郎氏
20-07-16板垣会NHK

同日4時から北隣のサンライズホテルに置いて特定非営利活動法人板垣会の社員総会が開催された。
20-07-16板垣会4

総会の最後に玄孫高岡功太郎氏の講座が行われた。
20-07-16板垣会講演
関連記事

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

高知あちこちの画像

カテゴリー

プロフィール

JJJ

Author:JJJ
高知の色々面白再発見を写真と説明で
親サイト 高知観光・高知の面白

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

この人とブロともになる

Template by たけやん