FC2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

大川村妃ケ淵は荘厳な場所

大川村の白滝の里に行く途中にある妃ケ淵は迫力がある別世界
妃ケ淵下から12-10-21
2012年10月21日写した画像ですきね。

👇車道に小さい案内板があり階段を降りて途中までは誰でも行けますきね。
2012年妃ケ淵階段

👇フェンスに囲われた場所から滑り台の様な滝を見下ろせるがです。滝本体の落差は にこ淵の約2倍の15m
20-10-21妃ケ淵上から

👇2004年滝上流の崖から降りて後ろの木にザイルを結び、滝上の岩に乗り震えながら覗き込み撮った画像
04-11妃ケ淵滝口から覗き込み


👇降りる所にある説明板と写真(10年前大川村の教育委員会からの依頼で写真を送ったがです)
IMG_0258.jpg

👇地図
20-10-21妃ケ淵地図

👇妃ケ淵と下女ケ淵の動画(大きな音がしますきご注意)
関連記事

小津高校の前身 海南学校の初代校長 吉田数馬 

龍馬を敬慕し龍馬に気に入られた吉田数馬は十市に生まれ後に現土居町に住み生涯を終えた
吉田数馬説明

👇丸く一目で解る変わった形の墓は一部欠けている。
戊辰東征に従い新留守居組になった。維新後に征韓論で下野し帰郷し、山地元治
北村重頼らと相談して、山内豊範に海南私塾を東京に設立させた。明治9年高知に
分校(後の海南中学・現小津高校)が開設され、山内家相談役谷干城の信任厚い
数馬が初代校長に任命された。教育者で全国初の藍綬勲章を受けた。
20-10-18吉田数馬墓

👇筆山トンネル上 野中兼山の墓の上の横道から見上げると丸い変わった形の墓が見える。
20-10-18吉田数馬墓2

 墓石に書かれた文字は今は読めんですが
 土佐史談会発行の(土佐の墓)から引用
嗚呼人も死すべき時に死せざれば死にまさる恥ありとかや
野夫も本年齢已に六十に達しつくづく往時を回顧すれば所謂
死すべき時もありつれど機を誤りて生きながらへ、永らく海南
学校のお世話致し居りしも、之亦何の貢献する所もなく、遂に
老齢を以て今般御辞退仕る爰に同校出身の諸士は、野夫が
年来の勤労を多とし、金員及銅像等を恵与せられ、実に慚愧
赤面之至りに候。志かれ共又、折角諸士の野夫之老懐を慰せ
んとの此の美挙を敢えて御辞退申すも、却って礼にあらざるべ
しと仍て其の贈与せられたる銅像は、永く家に蔵し、金員は以
て野夫夫妻の壽碑を作り、藹然たる諸士の芳情を永く子孫に
伝へ度、自ら愚衷を碑面に勒し、之を表する事如此候也。
   明治四十年一月           加壽万しるす

👇動画


高知県立高知小津高等学校の沿革

凄いデーター 土佐の歴史散歩
関連記事

中津川上流の上名野川渓谷

中津渓谷を過ぎ中津山に行く途中、上名野川付近の渓谷は水と苔が綺麗
この綺麗な淵に降り写真を撮るにはザイルが要るのであきらめた。
20-10-11上名野川渓谷4

👇さらに上流の色々な顔を見せる、渓谷
20-10-11上名野川渓谷


20-10-11上名野川渓谷3

令和2年3月見つけた無名滝、その時岩の上で足を滑らし、あばら骨を骨折したのでリベンジの為、再訪問
20-10-11上名野川の無名滝2


20-10-11上名野川の無名滝

関連記事

大豊町熊野十二社神社の牡丹杉

大豊町桃原の牡丹杉は天狗杉とも呼ばれている。1200年前京都の巫女が土佐に流され、その巫女が植えたと言う伝説の木
20-10-04大豊牡丹杉0

👇斜面の高い方より1.3mの部分を図った幹回りは10.6m樹高31m、樹齢は説により違うが1200年と言われている。
20-10-04大豊牡丹杉


20-10-04大豊町熊野十二社神社


20-10-10桃原の牡丹杉説明

動画
関連記事

大豊町日浦六社聖神社の杉

大豊町JR大杉駅から近く、六社聖神社の杉と鳥居をJR土讃線から見上げて撮った。
20-10-07大豊町六社聖神社の大杉下から2

👇車で近くまで行くのに道が分かりづらく ようやく見上げる場所に10月4日でまだ彼岸花が満開20-10-07大豊町六社聖神社の大杉下から

👇六社聖神社横から
20-10-07大豊町六社聖神社横から

👇鳥居の遥か前方下にJRの鉄道が走る、気が付くと音を立てて走るのがみえた。
鉄っちゃんなら鳥居の向こうにアンパンマンが走るのを撮る所やけんど??
20-10-07大豊町六社聖神社の鳥居とJR

👇肝心の杉の樹高は38m 幹回りは堂々の9.1m
20-10-07大豊町六社聖神社の大杉下から3

👇そこに行く道と 神社付近は怖がりには無理
20-10-07大豊町六社聖神社



高知県長岡郡大豊町日浦104 六社聖神社

巨樹|樹の国・日本のサイトを参考に!
関連記事

浦戸湾の景観は四国一位

昭和9年四国八景の投票が行われ浦戸湾が堂々の一位を獲得!
浦戸湾

👇戦前 高知新聞の記事を土佐史談47号に新聞雑見として紹介
47号四国八景で浦戸湾が一位
昭和2年には室戸岬が日本の海岸で日本一に選ばれた。
この頃は組織だって投票し何が何でも一番にする組織票が行われた結果かもしれんです。
昭和2年には室戸岬が日本一に選ばれた。
関連記事

珍しい屋根付き橋と 無うなった日本第二の大杉

大豊町立川井手の住吉神社にある屋根付き橋・ここには日本第二の大杉が確かにあった。
20-10-05立川井手住吉神社

20-10-05立川井手住吉神社前から

20-10-04住吉神社の橋2

20-10-05立川井手住吉神社1

👇神社より見下ろして。境内には高さ30メートルを超す杉の大木が多くあった。
20-10-05立川井手住吉神社0

👇住吉神社本殿
20-10-05立川井手住吉神社本殿

👇昭和5年の高知新聞の記事(土佐史談より)
今でも滝と巨木の高さは大げさに表すが記事には、高さ60間余とある。メートルに直すと約109メートルにもなる。境内に巨木があった痕跡を探すも見当たらず、地元の3人に聞くと、以前確かにあったのを切ったと言うだけしか解らず残念。
20-10-05日本第二の大杉

1分39秒の動画👇
関連記事

高知大道芸フェス2020

4回目になった高知大道芸フェス2020・追手前高校時計台をバックに!
20-10-03大道芸

20-10-03大道芸2

20-10-03大道芸4

20-10-03大道芸3
関連記事

夕方のラッシュの鏡川橋

令和2年10月1日午後6時半鏡川橋上の夕方のラッシュ
20-10-01鏡川橋

👇歩道橋中央のオブジェ 前方に満月、コンデジで写した為映りが悪い
20-10-01鏡川橋2

10倍速のジオラマ風動画 17秒
関連記事

土佐道路から見た夕焼け

2020年9月26日帰宅中土佐道路から撮った夕焼け 鏡川橋南の歩道橋
20-09-26夕焼け

河ノ瀬立体交差西から、信号待ち
20-09-26夕焼け土佐道路


20-09-26夕焼け2

関連記事

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

高知あちこちの画像

カテゴリー

プロフィール

JJJ

Author:JJJ
高知の色々面白再発見を写真と説明で
親サイト 高知観光・高知の面白

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

この人とブロともになる

Template by たけやん