FC2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

買う半時間前までは車を買う気はなかった!

21-05-14ローレル
1998年から約2年間プライベートと仕事両方に乗った日産ローレルC33は唯一欲しくて買うた車ではない。
それまで初のマイカー・トヨペットコロナとブルーバードSSSのみ4ドアで他は全部2ドアクーペに乗って来た

 この時まで乗ったシルビアRSターボをあまりにも乱暴に乗った為ターボを3回取り換えたりで故障続き。
とどのつまり3回位続けて仕事中にエンスト、約束した仕事に行けず、いらいら状態。止まった所が昔の
朝倉のサニーの中古車センター。それもタイミング良く知り合いの店長。事情を言うと手ごろなローレル
セダンがあり、それを見ていたら、そのまま乗って行きや。とのこと、こっちも待ち合わせの時間を過
ぎてイライラ状態。ほんならと言うことで、そのままハンコもサインも無しで載せていたカバン、書類カタ
ログ等乗せ換えた。翌日会社に契約に来てもらい値段もその時に値切って正式購入した。

👇日産ローレルC33(4気筒1800CC)はそれまで乗った色々な車と違いトルクのピークが
遥かに低回転からあり、その点では町中を乗って軽快に走った。がすぐに飽きて他を探した。
21-05-04ローレル会社前
この車も他に撮った写真が無く会社の前に置いた、この写真しか残っちょりません。
関連記事

令和3年春 高知城あちこちに白詰草

高知城三ノ丸から白詰草と天守
21-05-14tennsyu.jpg

👇三ノ丸 南から北を見て                                    
21-05-14三ノ丸全景②

👇三ノ丸西から東を見て
21-05-14三ノ丸南③

👇辷山も久しぶりに白詰草が多く咲いた シロも喜んだ様子
21-05-14辷山⓸

👇スベリ山の上から西を見下ろして
21-05-14辷山 下⑤

👇西側からスベリ山を見上げる、
21-05-14スベリ山を見上げる
関連記事

高知大学朝倉キャンパスのセンダン

2021年5月13日高知大学朝倉キャンパスのセンダンの花が満開・樹齢は100年くらいか?
筆者の付属中学卒業アルバム1958年の写真に大きなセンダンの木が写っちょります。
①2021-05-13大学正門1

👇1958年高知大学教育学部付属中学校卒業アルバムの写真、左後方が付属中学の校舎
花は咲いちょりませんが正門左に大きなセンダンの木があります。
②1958年正門jpg

👇曇りの為綺麗に撮れず
③21-05-13senndann

👇センダンの後方の杉の木は杉の大杉の子供
⓸21-05-13seimonn西

👇現在の高知大学朝倉キャンパス・空き地がほとんど無く色んな建物が林立(正門にあるキャンパス案内図より)
⑤21-05-13大学マップ

👇昭和33年(1958年)の高知大学教育学部配置図 上の画像とは南北が違いますきね。
21-05-14昭和33年度配置図
関連記事

おんなじ四国でも こじゃんと違うきね。

高知県と愛媛県の県境の様子・北側の愛媛県は真冬、南側の高知県はポカポカ天気
21-05-07南国土佐

👇この日は朝11時頃自宅を出発。程野方面に行くつもりが足を延ばし、本川の足谷川を遡り林道を行ける所まで行き平家平の登山口に着いたのが午後2時
21-05-07平家平に向かう

👇平家平の頂上に着いたのが午後3時20分だった。自慢ではないが朝の出発がいつも遅い。
21-05-07平家平

👇防寒着も着てないので急いで下山 午後4時半頃山頂付近を見上げてもまだ高知県側の頂上付近は春の様子
21-05-07平家平から降りて

愛媛県・高知県県境の平家平山頂
関連記事

本川揚水発電所とイナムラ山付近

見どころがイッパイある旧本川村・いの町・土佐町・大川村 案内図は本川発電所近くにあったもんです。
本川揚水発電所近傍案内図

👇本川大橋 右前方上にイナムラ山
21-05-03本川大橋

👇大橋ダムに貯めた水を本川発電所からポンプでイナムラダムに上げるがです。
21-05-03本川発電所

👇またしても車の前に現れたイタチ科のアナグマ
21-05-03イタチ科アナグマ


👇イナムラ山中腹の林道わきで撮った苔の渓谷
21-05-03稲村山北林道わき

👇イナムラ山山頂付近にはこの時期アケボノツツジがあちこちに咲いちょります
21-05-03イナムラ山アケボノツツジ

👇ロックフェルダムと言われるイナムラダム
21-05-03inamuraダム

👇遅咲の桜を5月3日に見に来たが今年は1週間早く咲き、終わったあとやったです。
21-05-03稲村山桜

四国電力株式会社の水力発電所
関連記事

仁淀川鹿敷附近

令和3年5月3日道の駅 和紙工芸村近くの仁淀川でスタンドアップパドルで下るのが見れた。
⓸21-05-03仁淀川鹿敷附近

21-05-03仁淀川鹿敷附近

②21-05-03仁淀川鹿敷附近

③21-05-03仁淀川鹿敷附近

👇動画


関連記事

高知城天守と三ノ丸に生えた白詰草

天守を見上げる三ノ丸に白詰草が生えちょりました。
21-05-02天守①

👇午後4時過ぎは普段ならチラホラですけんど連休で国内外から観光客が多く見える。
21-05-02天守

👇山内容堂公屋敷跡の鷹匠公園の中心にも白詰草が生えた
21-05-02鷹匠公園2
関連記事

鴨部・紅葉橋南岸の桜センダンが満開

普通のセンダンと違いここのセンダンは花だけが桜の様に派手に咲く、その為桜センダンと呼ばれちょります。
令和3年5月1日は3時頃まで雨が降ったりやんだりの天気、夕方になり青空が見えたので、愛犬シロを連れ
鏡川橋南から散歩に行くと、丁度桜センダンが満開。
21-05-01桜センダン1

21-05-01桜センダン0

👇西部中の北には結構大きなセンダンがある。こちらは花と葉っぱが同時(これが普通のセンダンの花の咲き方)
21-05-01普通のセンダン

👇 動画 (手振れが酷い)

関連記事

津野町 長沢の滝は ながそうの滝と呼ばれていた。

津野町のハート形の滝口で有名な長沢の滝の名前の由来
筆者は1998年頃から県内の滝を廻りはじめちょります。2010年頃まで滝の手前の看板に
長沢(ながそう)の滝と書いてあり不思議に思うちょりましたが土佐史談 土佐の水特集の
論文を見ていたら・・  
(長沢)は地元では(ながさわ)と読まず(ながそう)と発音する。
(津野山異聞録)の著者中越穂太郎先生は(滝の上に住んでいた長谷の人たちは
この下に神聖な滝がある。この洗濯の汚水を流そうか、流すまいか、思案にくれたが、
その処置に困って(流そう。ながそう)となったものだ。と言っておられた。
土佐史談194号 名瀑(長沢の滝)上田茂敏氏著より
ながそうの滝

👇滝口は10年以上前はもっとハート型をしていた。滝口の上方に遊歩道があり
数段の滝が連続してあるが、現在は道が荒れて滑落する恐れがあり行くのは無理。
それにハート形の滝口等の夢を壊すかもしれないが、すぐ上流に砂防ダムがあり
プール状に貯まった水が落ちる構造になっている。滝口の岩を横から見ると薄く
現在は二つの穴があるが、将来は崩れて一つになるかも知れんです。
18-06-02長沢の滝口

👇
18-06-02長沢の滝

👇滝の前にあるのは滝見橋
18-06-02長沢の滝全景

津野町と梼原町の丁度境にあり2021年春には上流にフォレストアドベンチャー・高知が出来ている。
長沢の滝の場所
関連記事

高知城の長宗我部期石垣

長宗我部元親が1,588年(天正16年)築城した時の石垣が高知城三ノ丸に残されている。
①長宗我部期石垣2

👇三ノ丸より天守を!令和3年4月21日ツツジが満開
⓸21-04-21三ノ丸より天守

👇三ノ丸の石垣の説明(現地説明板より) 以前は水害の為に長宗我部元親が浦戸に
移ったと言われていたが、豊臣秀吉に命じられ浦戸に移ったと言う説になっちょります。
②長宗我部期石垣1
③長宗我部期石垣3

👇2005年三ノ丸石垣修復作業時長宗我部元親が築城した時の石垣が出て来た。
⑤2005年三ノ丸石垣工事
関連記事

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

高知あちこちの画像

カテゴリー

プロフィール

JJJ

Author:JJJ
高知の色々面白再発見を写真と説明で
親サイト 高知観光・高知の面白

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

この人とブロともになる

Template by たけやん