FC2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

見たことも無いタバコもある 古民家喫茶サレイ

アンティック&珈琲 サレイは若松町の裏通り 戦前戦後の家具・タバコ等店内にこじゃんとあります。
戦前のピース

戦前のタバコ

入口は大通りから南に一つ入った小さい道から入る為解りずらい。
サレイ入口

根回りのこじゃんと太いワシントン椰子が目印
サレイワシントン椰子

店内の様子
サレイ店内


サレイ店内3


サレイ店内2


サレイ古時計等


親サイト高知の面白いページ

恐怖!女の叫び声が!鬼ケ岩屋洞窟

香南市野市町東佐古白岩の山の中に鬼ケ岩屋洞窟がある
江戸時代この洞窟には鬼が棲むと言われ戦争中は洞内に陸軍第155師団歩兵第447連隊の一隊と思われる部隊が、防衛陣地を築いていた。全長は約30mほどだが、天井部の高さは、20mとかなり高い鍾乳洞
18鬼ケ岩屋洞窟
見る人が見たらこの洞窟も天井部分などに 鬼、人の顔が見えるはず。
18鬼ケ岩屋洞窟2

↓伝承 お妻が祠跡の記
伝承 お妻が祠跡の記700

まるで母の胎内から外を覗いたような気がする。
母の胎内から

↓50秒頃に女の叫び声が聞こえる。


鬼が岩屋の洞窟の外の石灰岩には近年クライミングをする為にピンを打ち込み自己満足の為 高い場所に登り自然破壊をし そのまま放置する悪質なやからが居る。 事故を起し香南市教育委員会からもお達しがあり今はやってないがピンはそのまま残っている。ビル等の壁面にボルト・ビスを打ち込む時はコーキングを塗った上でビス等を打つのが常識 そのままにするとピンを打ち込んだ隙間から水が入り岩が崩れる可能性ある。
18-09鬼が岩屋ピン
↓垂直に切り立った高い壁に何ヶ所もピンが見えた、許されることではない。
18-09鬼が岩屋の壁


親サイト高知の面白いページ

山内はよそもんじゃき

筆者は山内家の次男坊と家も近く幼稚園から親友でそのことを話すと
おんちゃんたちに(山内はよそもんじゃき)とよく言われたけんど、、、
そもそも日本人は大昔に大陸から移り住んだ民族で天皇陛下もそう。
山内家も土佐に来たのが長宗我部氏より遅かっただけ それより
現在の高知市の元を創ったのは紛れも無く山内一豊と康豊兄弟じゃきね。
山内はよそもんじゃき

↓寛延年間頃高知城下郭中之図(吉松靖容氏写し図)江の口川と鏡川に挟まれ 三角州の中央の大高坂山を中心に侍の区画の郭中を作りその東西に商人の上町 下町等を作ったのが現在の高知市中心部
寛延年間頃高知城下郭中之図

どうしてほとんどの おんちゃんが山内を他所もんと言うか? 考えてみたら これはもちろん関ヶ原の戦いで徳川に付いた山内一豊が褒美として掛川からもっと広い土佐を頂き長宗我部氏の家来が残る土佐に入り色々な手で息の根を止めたのが一番の理由と思う、その後長宗我部の家来の家系は幕末まで城にも上がれん軽格(今では下士と言う・白札の武市半平太等は特別)と言う身分に置かれちゅー それに明治からは平民と士族と戸籍謄本に書いたのが昭和四十年頃まで残り、大政奉還の立役者の龍馬人気もあり今で言う上士は龍馬の敵と言う小説 映画 大河ドラマの影響が大きいと思うけんど、どうじゃろうね。高知市の明治時代の人口で士族は千人足らず それ以外と平民は数万人と言う圧倒的違いも理由の一つ。


親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会

土佐史談会



スベリ山は1727年までは御証文倉があった。

江戸時代の1727年高知城の北西からの飛び火により追手門以外消失し
本丸の天守を初め二ノ丸 三ノ丸の建造物等 再建に26年の年月がかかった。
スベリ山の不思議

↓絵図(吉松靖容氏)の北部分・中央上に丸く囲まれた部分に御証文倉があったが西方面からの飛び火で高知城は壊滅的な被害を受けた。これ以後火災の延焼を防ぐ見地から、周辺の樹木等を制御して来た所であり、整備以外の現状変更を規制するとともに、特に過多な植栽をしないよう留保して景観の保持を図るものとする(史跡高知城跡保存管理計画の必要性と策定の意義より)
御証文倉の部分


親サイト高知の面白いページ


浦戸湾 孕のジャンの怪奇現象とは?

高知市浦戸湾が狭まった西孕と東孕は孕海峡と呼ばれる場所
寺田寅彦(戦前の日本の物理学者、随筆家、俳人)が推測した。
孕のジャンの謎2

こじゃんと詳しく知りたい人見てよ⇒ 寺田寅彦 怪異考

(鹿持雅澄著の土佐今昔物語)の中に(孕の海にジャンと唱うる稀有のものありけり、誰しも人は今だその形を見たもの無く,そのものは夜半にジャーンと鳴り響きて海上を過ぎ行くなりけり、漁業をして渡るとちに、夜半に小船を浮かべて、あるは網を打ちて幸多かるも、このもの海上を行き過ぎればたちまち魚騒ぎ走りて、時を移すともそのやるは又幸無かりけり、高知ほとりの方言に、もののものの破談に成りたることをジャンになりたるといふも、この海上行き過ぎるものより出たることなん語り伝えたりとや)

 
五台山から見た孕海峡「左が東孕 右が西孕 大昔この場所が海ではなかった時もあり 渓谷じゃったと言うことで 西から続いた峰と大畑山から東に続く峰に南北に ちょっとズレがあり ほんで その地殻変動により 浦戸湾の底に断層があり それが時々動きジャーンと言う音になるとの説が現在の最終的な説
孕2

今日の にっこりひまわり「ブログ)にも色々アップされちょります。
にっこりひまわり


親サイト高知の面白いページ

須崎市に残る国の史跡・須崎砲台跡・・・

幕末須崎港にイギリス軍艦バリジスク号が入港、土佐藩は20mばーしか飛ばん大砲で向いあった・・・
須崎砲台跡薀蓄

18-03-06須崎砲台跡2
慶応3(1867)年7月6日、祭りの夜、英艦イカルス号水夫2人が殺害され、疑いが海援隊にかかった。龍馬ゆかりの場所(龍馬記念館HP)
18-03-06須崎砲台跡3

18-03-06土佐藩砲台跡説明板

↓動画


親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会

土佐史談会

八流⇔矢流???

安芸市の西のはずれ八流と矢流とはどちらが本当の呼び方か???
八流矢流
その昔八つの流れ八つ谷があり八流村と呼ばれ赤野から東に坂を登ると台地
になった所に安芸国虎の出城があったとされる ここで長宗我部元親と戦ったが
内通してる家臣が居り永く附近を治めた国虎は長宗我部氏に破れた。
その際多くの矢が谷に落ち流れた、そのことから元親記に(矢流)と記した。
参考文献・日本地名大系 高知県の地名より
18-02-11矢流古戦場跡碑

↓古戦場の碑の動画

↓碑のある場所のレストラン矢流の名物の小さく甘い御餅
矢流餅

↓現在は八つの流れと谷は様子が大分変わっているが海岸に降りて下から見ると谷がある様子が判る。
八つの流れと谷


親サイト高知の面白いページ

知っちゅー人は知っている ライオン宰相の逸話・・

濱口雄幸は幼少時から秀才、現在の追手前高校を卒業、現在の東大に進学 大蔵官僚に・・・・・・・・
面白情報44
簡単に上り詰めたように書いたですが本人は実直頑固で仕事上あちこちに飛ばされたりしちょります。
右端がよく相撲をとったと言う野村茂久馬翁  現在の近森病院の野村邸にて
ライオン宰相濱口雄幸

↓五台山にある銅像 // 犬養毅と鳩山一郎が浜口の政敵であり 1929年にアメリカで
大恐慌が始まっていたというタイミングの悪さもあり同年11月14日東京駅のホームで、
統帥権干犯に憤った青年に撃たれたのです。幸い浜口は一命を取り留めましたが
医師の反対を押し切って国会に出るなどして無理を重ねた結果、1931年8月に61年
の幕を下ろした・刺された時 言った言葉(男子の本懐)は有名。
ライオン宰相

統帥権干犯問題

親サイト高知の面白いページ


室戸岬は海岸では日本一(全国規模の投票)

忘れられた新日本八景・室戸岬が堂々のランクイン・県は もっと上手に宣伝すべし!、
17-12-10タイトル
今や日本中〇〇百景ばやりやけど室戸岬は日本全体部門・特に海岸部門では一位!!
海岸部門
選定の基準
①規模の大なること ②景趣の多種多様 ③四季、各特色あること 
④史実の感興を引き若しくは天然記念物のあること ⑤交通の便利なこと 
⑥民衆的施設あること及び将来施設可能なること ⑦地理的分布を考慮すること。
新日本八景2

日本8景室戸岬
↓見洗池と絵葉書にあるが目洗池の間違いじゃね。
見洗池附近


土佐史談会HP

親サイト
高知の面白いページ

筆山も 当然 山内家の所有の痕跡・・

明治2年薩長土肥4藩の建白により版籍奉還が行われ諸大名から天皇への領地と 領民の返還が行われた。
山内家筆の鼻2
筆山筆の鼻に今も残る江戸時代から明治2年まで山内家の所有であった碑が今も残る
土佐藩の板垣退助、薩摩藩の大久保利通、長州藩の広沢真臣が代表となって版籍奉還が行われた。
(藩主の土地と人民の天皇・政府への返還)に合意しました 。板垣会HPより山内家筆の鼻
1953年筆山公園となり現在は筆山全体を高知市が所有。

版籍奉還と 廃藩置県は似ているが違いがわかる⇒⇒廃藩置県と版籍奉還の違い

板垣会NPO法人板垣会

親サイト
高知の面白いページ

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

高知あちこちの画像

カテゴリー

プロフィール

JJJ

Author:JJJ
高知の色々面白再発見を写真と説明で
親サイト 高知観光・高知の面白

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん