板垣退助墓所駐車場設置についての要望書提出

2017.09.15 (Fri)
高知市アゾノの板垣退助墓所駐車場設置についての要望書を県の観光振興部に提出!
17-09-14県観光振興部

板垣お墓駐車場 上

板垣お墓駐車場 下

板垣会NPO法人板垣会

板垣退助没後99年祭

2017.07.17 (Mon)
明治維新の元勲・自由民権の神様と言われた板垣退助の没後99年祭、、、
2017年7月16日板垣退助没後99年祭2

板垣退助誕生地でもある高野寺においての没後99年祭
IMG_0385.jpg

板垣退助の玄孫の高岡功太郎氏 板垣歴史総合研究所 板垣国和氏 広田一元防衛政務官 浜田県議会議長等 ご出席頂きました。来年はいよいよ没後100年です。板垣退助・自由民権運動の研究第一人者 ↓公文豪先生の ご挨拶です。
 

親サイト高知の面白いページ

自由民権運動の力があり始めて新国家になった!!

2017.05.03 (Wed)
新国家を造る上で最大の功績を残したのは板垣退助・土佐の人間は認識すべし!!
自由民権運動節目の年
自由は土佐の山間より出づ
↓2017年4月29日朝日新聞の記事
朝日新聞民権の力新国家に2

板垣会NPO法人板垣会

土佐史談会

親サイト
高知の面白いページ

板垣退助・岩崎弥太郎が同時期 神田村に禁足

2017.04.18 (Tue)
板垣退助は自宅において無作法があり1856年神田村に,同時期岩崎弥太郎も禁足、、、、
板垣 弥太郎 神田
幕末から明治にかけ日本の近代化に大きく影響を与えた二人が偶然同じ時期同じ場所に
城下及び4ケ村禁足処分を受けたが二人がこの時会った等は残念証拠が残っていない。

板垣退助 - 板垣退助の概要 - Weblio辞書

土佐史研究家 広谷喜十郎氏 弥太郎の流罪 -高知市広報「あかるいまち」2009年10月号より-

親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会

志国高知幕末維新博が始まったけんど?

2017.04.06 (Thu)
果たして幕末維新とは ちゃんと説明できる人はどればー居るろーね??
多分 竜馬がゆく 龍馬伝 おーい竜馬 のイメージがほとんどで 人物も限られてくる。
幕末維新とは?

幕末維新とは定義は無く 諸説あるが簡単に言うと黒船来航(1853年)から
戊辰戦争 明治10年(1869年)または慶応3年(1867年)大政奉還が行われた
年から明治10年(1877年)の西南戦争までを言うのが多いです。

「維新」の意味ですけんど、「維(こ)れ 新(あらた)なり」であり、すべてが
改まって新しくなったということになりますき 武士の時代が終った明治10年。

維新三傑と言われる長州の木戸孝允は1877年(明治9年)5月26日京都で病没。
薩摩の西郷隆盛は西南戦争で1877年(明治9年)9月24日鹿児島で戦没。
薩摩の大久保利通は紀尾井坂の変にて1878年(明治10年)5月14日殺されてます。

龍馬、慎太郎亡き後 維新の三傑も亡くなり新国家を目指し 自由民権運動
の旗頭として大正時代まで活動した板垣退助の功績はすばらしいと言えます。

維新殉難志士特集号
会津の戦いを終えた土佐藩兵 前列中央に板垣退助と右に12歳
谷干城養子の谷乙猪 後列左 片岡健吉  中列左から二人目 谷干城


 追記、、土佐史談 維新殉難志士特集号の戊辰戦争における
土佐志士の活躍とその最後 ⇒中村武一著による 論文
 戊辰の役を通じて土佐藩最初の戦死者は、鳥羽伏見の戦い
で長州軍の遊撃隊参謀を務めた後藤深造である。彼は戦端開始の正
月三日夕刻、敵弾にあたって伏見の御香宮北側で戦死した。二十七
歳であった。酒を飲んで跳び出したところをやられたという。後藤
深造とは在藩当時の上田宗児が、脱藩して長州へ走ってから改名し
たのであって、第二次征長の役では小瀬川に出動し、敵将と組討ち
してこれを討取っている。この時、彼も片手首を切断しなければな
らない重傷を受け、長州藩主から感状を受けている。伏見での彼は、
酒を飲んで戦場へ出たという、如何にも典型的な土佐型の若者の姿
である。伏見東福寺の末寺退耕庵に他の長州陣没者とともに祭られ
ている。

 以下土佐史談 戊辰戦争と土佐藩 山本大 著より 抜粋
大阪の旧幕軍北上の報に接し、朝廷では慶喜の上洛を中止させ、
薩長と土佐・芸州の四藩に出兵を命じ、応急の処置をとらせた。意
気のあがる薩長の軍に比し、土佐藩兵は、容堂がこの戦いは薩長と
会津・桑名の私闘で朝廷とは関係がないから、沙汰のあるまで戦争
への参加を禁ずる、と命令していたので自重していた。一月三日、
鳥羽ロの赤池に端を発した薩摩と大阪方との戦いは次第に拡大した。
はじめ土佐藩からは谷兎毛・福井勇ら一○○名が伏見巡羅隊として
長州藩兵とともに守謹にあたり、谷干城の率いる一大隊は総予備隊
として京都にいたが、慶応三年の年末以来、山田喜久馬(平左衛
門)、吉松速之助の率いる各小隊が伏見方面を警備し、翌年一月三
日渋谷伝之助・松下意興の小隊が交替のため来陣し、棚重の二川元
助、大斥候の山地忠七の小隊および北村重兵衛の砲兵隊も到着した。
彼らは板垣退助と気脈を通ずる武力討幕派の人たちであった。その
ため、戦端が開かれると、容堂の命令を無視して参戦したのである。
戦いは京都方の勝利に終ったが、四日には仁和寺宮純仁親王(小松
宮嘉彰親王)が征討総督となり、錦放・節刀を賜ったので、慶喜は
朝敵の汚名を冠せられることとなった。ここにおいて容堂の努力は
水泡に帰し、以後土佐藩兵は官軍として行動することとなる。

土佐史談会土佐史談会
板垣会
NPO法人板垣会
親サイト
高知の面白いページ




板垣退助は刺された時本当には なんと言ったか?

2017.03.08 (Wed)
本当は(吾シスルトモ自由は死セン)と言った!!
本当に言ったのか
刃物で刺されてとっさに(板垣死すとも自由は死せず)とか言える訳が無い
とか 新聞とかが書いたのが言葉として残ったとか、ところが岐阜県の今で
言う警察のこの事件に関連した資料があったがです。

暗殺しようとした愛知県の教員 相原が反抗にいたるまでの経緯が詳細に
延べられ 事件の時板垣の胸部を目標とし(将来の賊)と呼びかけ行動した。

板垣の傷は浅く約10日後の明治15年4月8日岐阜を離れる時に延べた 
自分が死ぬことがあったとしても「自由ハ永世不滅ナルベキ」と笑った、
と記録され これとかが 後々の言葉と定着したのでしょう。

 以上 板垣退助暗殺未遂事件HPより知っていましたか? 近代日本のこんな歴史 ホーム

↓板垣退助40歳代の画像
Itagaki_Taisuke_young.jpg

犯人の相原は服役後板垣に面会 その時板垣は相原を気持ちよく許し
涙を流して彼は北海道に行きますとの言葉を残し北海道行きの船から
永遠に姿を消したとのことです。
 
 土佐史談に 刺客 相原の遺書として 
(春雨の今ふるさとへ帰るのは生るも同じ国のためかな)と 紹介されちょります。
土佐史談の機関紙には相原のことは色んな先生方がこと細かく書かれてます。

親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会

土佐史談会
土佐史談会

板垣退助は明治15年刺されたが大正8年まで活動した。

2017.03.06 (Mon)
板垣退助は刺されただけ自由民権運動の遊説中岐阜で刺されてその時死んだと思っている人が結構居る!
板垣退助遭難100年史
岐阜遊説中画像(土佐史談161号表紙より)ではまだ髭を生やしてなく髭を生やしたのはその後45歳を過ぎてから。

親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会







板垣退助32歳の時は優しい若者の顔!!

2017.02.04 (Sat)
龍馬の意志を引き継ぎ自由民権運動で自由な国家の元を造った板垣退助、、
板垣32歳のブログ用写真
慶応3年 1867年 中岡慎太郎と共に西郷隆盛 小松帯刀と会見、倒幕の
密約を結ぶ 山内容堂へ拝謁して、時勢が武力討幕へ向かっていることを
説き大坂でアルミニー銃300挺を購入した、
慶応4年正月十三日午後五時近く、八小隊編成の迅衝大隊六百余名が藩校
致道館を出る。三巴の太鼓三拍子の音に合せて足並みは軽かった。
兵員の殆んどが郷士・従士・地下役・地下浪人等々具足着用はほんのちらほら、
立着け一名伊賀袴に陣羽織、大刀を斜めに背負って府には洋銃という格好であった、

戊辰戦争における土佐志士の活躍とその最期 (中村武一著 土佐史談より)

↓板垣退助は自由民権運動だけでなく幕末から倒幕に向け働き 龍馬、慎太郎の
意思を継ぎ働いたと言うこと等 高知県民ももっと郷土の歴史を知る必要が!!! 幕末志士人気ベスト10

親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会

手配写真を作り出し日本で最初に自身が指名手配されてしまった。

2017.01.31 (Tue)
明治の初め日本警察の近代化の祖 江藤新平の大きな誤算、、
江藤手配写真

↓江藤新平が喉を潤した2本の木の間に今でも残る八流の公衆井戸
八流のクロガネモチ
八流のクロガネモチ2本は赤野休憩所の上にあるがです。
八流のクロガネモチ説明
捕らえられた彼に斬刑を言い渡したのは、江藤に拾ってもらい法学を学び彼を敬慕する土佐の河野敏鎌(のち枢密顧問官、憲法審議に参加)恩師を裁いたその心中は、、、、
↓38秒の動画

征韓論のこと(土佐史談245号 間宮尚子著より(明治六年征韓論の破裂は、土佐の自由民権運動に
道を開いた)
明治政権の実権は薩長に握られ、土佐派と肥前派の不満があった。下野した土佐派の参議
板垣退助、後藤象二郎、肥前派の参議江藤新平、副島種臣は東京に幸福安全社を設けた。越前の由利公
正、蒔田魯、阿波の小室信夫、井上高格、伊予の長尾忠明、土佐の古沢迂郎、福岡孝弟、岡本健三郎、
奥宮憧斎などがこれに加盟した。

江藤新平のこと

親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会

土佐藩がこの日を境に倒幕に大きく舵を切った!

2017.01.14 (Sat)
600人出発

↓ 明治天皇の勅旨を伝える御沙汰書 高知県にとって維新期の最重要文書のひとつ、
土佐史談 表紙解説
慶応四年一月十一日、讃州高松藩・稼洲松山藩同幕府直轄領川之井の追討を命じた
明治天皇の勅旨を伝える御沙汰書。詔書・勅害ではない。宛先は土佐少将山内豊範。
同日に追討を命じられたのは福山藩が対象の広島藩と、備中松山藩が対象の岡山藩を
合わせた三藩だった。菊章旗が下ったのも同日 土佐藩はこの日を期に正面から討幕へ
切り替わった。高知県にとっては維新期の最重要文書のひとつ。
    奉書紙 切紙 個人蔵
高松・松山・川之井追討御沙汰書1

↓門のみ残る至道館入り口、、ここから板垣退助を大隊司令に戊辰戦争へと突き進んだ。
到道館門
土佐藩で迅衝隊の編制。総督に深尾丹波、大隊司令乾退助 一大隊凡そ六百名、兵員、
軍夫を加えた総勢一千四十五人。服装は伊賀袴に陣羽織といういでたちであった。
慶応四年正月十三日セツ時(午後四時)、土佐を出動、十四日本山村泊。このとき、
土佐藩より向地の中国地方へ出ていた探偵秋沢清吉が馬立本陣に着き、早速に
飛脚を本営に出して、監察官が速やかに馬立本陣へ来て事を議せん事を乞うことを
伝える。 即夜にして、谷守部が馬立に向い、正月十六日暁に馬立
本陣に着く。清吉は上国及び中国の情況を説いて天下の事
既に定まると説く。長州のみならず備前までが帰順して出
兵している。我等が弛々せぱ彼等は必ず兵を四国に向ける
であろう。速やかに、土佐が松山、高松を討って平定せね
ばならんと言う。時に乾退助等皆来る。
十六日、馬立本陣に宿泊して論議す。未だ論議つくせず
本陣に滞留して幡重隊の到着を待って午後になり川之江に
至るも猶衆議粉々。十八日、勅害を待つが来ない。乾退助は、
「事既にここに到るも衆議決せず。社稜を如何にせん。他日妄挙
の責あれば我等二三輩死あるのみ。死を社程の篇にす快事ならず
や」といきまき、総督遂にこれを許す。差使、乾三四郎を丸亀に遣わし、
高松追討を告知する。長岡謙吉これに随行する。十八日夕刻五ッ時(午後八時)、
兵を川之江八幡社前に整えて夜行する。勅命の正使未着。だが退助の決死的、
悲壮の言に高松征討の談、統一されて、全軍進撃の気勢大いに揚る。直ちに
川之江接収交渉が始まる,,,,
以上土佐史談 笹ケ峰越え 石川満著より 抜粋

板垣会NPO法人板垣会
親サイト
高知の面白いページ


back-to-top