fc2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

安芸市川北の おかまさん(竜王天照宮ノ瀧)はこじゃんと立派な滝

おかまさんの名前の通り見事なお釜の形の立派な滝・正式名は竜王天照宮ノ瀧と言う
高さは約5m お釜(淵)の直径は約10数mあるが 滝の本等に載ってない隠れ滝だが
お釜を見るにはあまりにも危険。急な崖を降りるとき つかまった木は腐り足元は滑るし
ロープもかける場所がなかった。滑って落ちたら10数m下の岩に落ちて大怪我ではすまんことになる。
①おかまさん全景

👇お釜の下流の渓谷 とにかく暗い。三脚も立てれず画像がぶれた
②おかまさんの前方の渓谷

👇おかまさんの滝口から見下ろして撮った・結構高い
③おかまさんを上から

👇 動画で見たら全体が解る


👇近くの弁天池
④安芸市弁天池南から

PageTop

仁淀川町の屏風の滝は秘瀑と言える

安居渓谷入口の見返りの滝の上流に落ちる屏風の滝は見事だった。
残念ながら仁淀ブルーの にこ渕・水晶渕のようには簡単に行けん見れん場所
何百と言う高知の滝に行った筆者だがこの滝へのルートは危険でしんどかった。
23-09-03屏風の滝

👇途中にも結構立派な名無し滝がいくつもあった。
23-09-03屏風の滝上流の無名滝①

👇まだまだ写したい滝と渓谷があったが 危険+体力不足で止めた
帰りがけ無名滝の手前の崖を登る滝仲間の山本君
23-09-03屏風の滝上流の無名滝⓶


👇右岸では衝立状の滝が見えんので 左岸に渡り写した大きな音がする動画


仁淀川町大屋と宮ケ平の境にある 屏風の滝の場所







PageTop

穴内川にある・昔使用しよった沈下橋?

吉野川支川穴内川中流域・大豊町梶ケ森スカイライン沿い下にある使用してない沈下橋
①23-07-02穴内川沈下橋?

👇道から崖のような道を降りたら、幅約50センチばーで渡れた。が 渡った向こうに道がない。
⓷23-07-02穴内川沈下橋?

👇上流を見たら32号線から梶ケ森スカイラインに行く橋が見えた。
⓶23-07-02穴内川沈下橋?

👇穴内川下流方向を見た
④23-07-02穴内川沈下橋下流

👇32秒の動画


沈下橋の場所

PageTop

中津渓谷上流を散歩

仁淀川支川中津川しもなの郷付近のアジサイも咲く渓谷を散歩
⓪23-06-18しもなの郷付近渓谷

👇ゆっくり歩いて初めて見える渓谷美
⓶23-06-18しもなの郷付近渓谷

👇標高が高い為アジサイはまだまだ元気
④23-06-18しもなの郷付近遊歩道

👇しもなの郷から二所神社に行く道
⓷23-06-18しもなの郷付近遊歩道

👇二所神社参道横
⑤23-06-二所神社

👇二所神社近くの渓谷
⑦23-06-18二所神社下渓谷

👇夢の森橋から中津川上流の渓谷
⑥しもなの郷の渓谷

👇下名野川沈下橋
⑧下名野川沈下橋

中津川下名野川沈下橋の場所

PageTop

土佐町の瀬戸川渓谷下流の無名滝 休憩所 夫婦杉等々

瀬戸川渓谷はアメガエリの滝付近だけではなく 八升渕より下流に色んな見どころがある。
八升渕と名付けられたすんぐに数十m上流に落ちる 無名滝。以前は近くに降りれたが今は無理


👇雨乞いの滝と名付けられた滝はこれも県道6号線から見えた


👇川奈路の無料休憩所と憩いの広場は、渓谷に降りれるよう整備されちょりました。



👇瀬戸の滝と名付けられた滝は 垂直の崖、、土佐では昔から崖のことを滝と言うがです。
切り立った崖は大雨の後水が滝のように落ちることから言われる。


👇川奈路渓谷とフジの花


👇土佐町川内神社の夫婦杉と吊り橋



PageTop

本山町行川の上とどろ・下とどろ

本山町白髪山登山口の手前、行川の中流にある上とどろ(上轟)の水の色は見事
①23-04-23上轟

👇道際に上とどろの案内板
⓶23-04-23上轟

👇道からすんぐにあり、崖の上から覗きこんで見える
④23-04-23上轟

👇大きな木が倒れて 両岸にひっかかちょりました。
⓷23-04-23上轟

👇上とどろの動画


👇上とどろの南手前にある下とどろは道路から見え、階段もあり渓谷に降りれた。
⑤23-04-23下轟

👇2023年4月23日 キシツツジが あちこちに咲いて綺麗じゃったです。
⑥23-04-23下轟

👇下轟の下流の渓谷
⑦23-04-23下轟5

👇
⑧23-04-23下轟

👇下とどろの32秒の動画


グーグルではりまや橋から現地まで案内


PageTop

大豊町箕渕の水の色は怪しい水色だった。

大豊町奥太田川下流にある箕渕(みぶち)の水の色は絵の具の色だった。
ただ撮影ポイントに降りるには、滑りやすい崖を降りる為、ロープが必要
①22-11-06箕渕

👇それにしても水の色は何とも言えん、綺麗な水色
0022-11-06箕渕

👇2022年11月6日 モミジが色づいていた。
③22-11-06箕渕

👇この岩は白っぽい、多分香北の轟の滝と同じ種類?ぞうばく岩やろうか?
④22-11-06箕渕

👇多分昔は連続した滝があったと思う、渓谷。明暗差があり写すのが難しい。
⑤22-11-06箕渕

👇動画で見たら良く解る

PageTop

高知市樽の滝手前の渓谷

高知市中心部より道は狭いが1時間足らずで行ける。真夏でもひんやりする。
①22-08-02樽の滝渓谷

👇駐車場から遊歩道の草をかき分けてちょっと行くと木橋があり雰囲気のよい渓谷がある
④22-08-02樽の滝渓谷


②22-08-02樽の滝渓谷


③22-05-02樽の滝渓谷


22-08-02樽の滝渓谷

👇37秒の動画


PageTop

無名滝を探し 滝を見上げて撮る為の装備

筆者がまだまだ元気で山深い渓谷の無名滝を探しそれを撮るために持っていく装備一式
デジタルカメラは進化し、その時のカメラは こじゃんと旧型です。 画像も悪い。
滝への装備

👇日本の滝百選越知町大樽の滝の上流の無名滝 大樽の滝の上を通る林道から所々
ザイルを使い崖を降り大樽の滝口から下を見下ろして撮り、その後遡り見つけた。 
直下型の堂々たる無名滝。
大樽の滝上流の無名滝
越知町日本の滝百選大樽の滝の上から撮った時のブログ

高知県内には名無し滝が多い。それは山深い為人家などと離れて立派な滝の割には
名前が付いてない。岡山県には400を超える滝があり、高知県は東京都とほぼ同数の
270ほど。名前が付いていてもその地域だけの呼び方、そのため轟の滝・龍王の滝・樽

の滝等同じ名前の滝が県内にはあちこちあるがです。滝には直下型・渓流型・段瀑型
とあるがです。写真に撮るには滝の下から見上げて撮るのが一番ですけんど 山奥の
道もないのがほとんど。 水量のある程度ある渓谷を遡ったり、脇に登れる道とか獣道

があると探しながら一遍上に登り、無名滝を見つけたら丈夫な木にザイルをくくり そこ
からハーネスを着け自動ロック下降器を利用して時には数十メートル降りるがです。
一人で行動した為、何べんか滑落し、丈夫な木に偶然しがみつき命拾いをしたことが数回



PageTop

高知市旧鏡村樽の滝の秋

鏡川支流穴川川の上流に落ちる樽の滝(2段落差65m)を11月12日望遠で切り撮った。
高知市には樽の滝が3つありますけんど ここが一番知られた樽の滝です。
21-11-12樽の滝
高知市中心部から約18Km、普通に行くと約1時間足らずですけんど、車で運転に
自信が無い人、山道(ちょっとした崖)を行く自信の無い人は止めた方が無難です。

👇旧樽の滝荘の手前に駐車場があるがです。
①②21-11-12樽の滝

👇シータンは初めてで、ちょっと不安そう、、山道を約10分足らず登るがです。
③21-11-12樽の滝への道

👇樽の滝の神社裏から滝下に、大きな岩を登り降りせんと写せませんきね。
④21-11-12樽の滝

上の画像の場所からちょっと崖を登って撮った画像。一番上の段には鎖を伝い
登れますけんど、滑って落ちたら 命は無いです。数回登りましたけんど 今は
馬力が無いなっちょります。浅い渕(お釜)があって下を見たら凄い迫力。
⑥21-11-12山姥の滝

👇動画


👇2010年鎖を伝い登って しぶきを浴びながら撮った動画

PageTop