トップ画像
安芸市八流と言う場所に8つの流れと谷があったと言う通り今でも浜に落ちる滝があった。
18-02-11浜に落ちる滝
少なくとも戦国時代長宗我部氏と安芸国虎が戦った時にはまだ8つの流れと谷があった。
激しい戦いの後あちこちの谷に矢が流れたとのことそのことから元親記に(矢流)と記した。
    (参考文献・日本地名大系 高知県の地名)より
18-02-11海に落ちる滝1

↓滝が年中落ちるので壁面に青海苔が!
青海苔の滝

↓レストラン矢流の前も昔は谷で八流山方面から浜に水が落ちていたはず。
レストラン矢流の谷

↓ここには現在水が落ちてないが谷の痕跡が残る。現在は赤野休憩所から東に
台地状になった場所が江戸時代八流村と言われる所で穴内に下る坂は八流坂と言う。
八つの谷の一つ

↓赤野休憩所寄り、今でも水量は少ないが浜に落ちる滝があった。
八流Aの滝2


↓御殿の浜と名がある浜のちょっと東寄りに変わった岩がある・
御殿の浜の岩

↓滝が浜に落ちる様子等が解る動画


↓赤野休憩所から東下に降りたら御殿の浜がある。


親サイト高知の面白いページ


高知の滝と渓谷 | コメント:0
仁淀川の支流尾川川・佐川町古畑耕の奥 長谷(ながたに)渓谷は整備されていた・・・
長谷渓谷看板

18-01-14長谷渓谷鉄の橋

18-01-14長谷渓谷雪の遊歩道2

↓竜の滝と山本氏
竜の滝と山本氏

↓龍王の門
18-01-14龍王の門

↓シシ落としの滝を上部から覗く
18-01-14シシ落としの滝

↓光渕
18-01-14光渕

↓恐怖
18-01-14マムシに注意

↓最深部 ながとろの滝
18-01-14ながとろの滝


↓最深部 ながとろの滝の動画


長谷渓谷へ行く

親サイト高知の面白いページ


高知の滝と渓谷 | コメント:0
高知市が氷点下3度になったので平家の滝に寄ったらちょっと氷が見れた・・・
18-01-13平家の滝2

18-01-13平家の滝の氷

18-01-13平家の滝の氷2

↓平家の下の滝
18-01-13平家の下の滝

↓平家の上の滝
18-01-13平家の上の滝

↓平家の滝の滝口と渓谷の動画


高知県市町村別の滝のページ

親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
津野町 不入渓谷
2017-11-23 Thu 00:29
四万十川源流不入山の西 不入渓谷、、、
17-11-19不入渓谷
2017年11月19日 行くのがちょっと遅かった、ピークは過ぎていたがそれなりに見れた。
17-11-19不入渓谷3
昔は対岸に遊歩道等があったようだが 通行できず。
17-11-19不入渓谷2

↓橋の左が壊れ途中で道が無くなっちょります、落ち葉がグルグル廻る様はちょっとしつこかったか?
17-11-19不入渓谷5

↓動画を見たらこじゃんと様子がわかるきね。


親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
いの町十田川最深部十田の滝は現在では秘境の滝とも言える、他にも数多く滝があった、、、、
17-11-12十田の滝下
十田の集落から1.2㌔途中藪こぎし川をぞぶり 急な崖を降りてようやく撮った、直下型10数mの綺麗な滝
17-11-12十田の滝
↓十田(とうだ)の滝の51秒の動画(滝の音がしますきね)


↓十田の集落から現在は荒れ果てた山道の途中の壊れた橋を行く 同行してくれたY氏
17-11-12壊れた橋

↓十田川に落ちる無名滝 , ここから約1000m下流は下八川川
17-11-12十田川に落ちる無名滝2

↓十田川に落ちる無名滝 見える高さは約30mで滝が見えん急峻な山は数百m
この滝を教えてくれた地元の漁師さんが言うに程野の西滝より高いぜよと!
17-11-12十田川に落ちる無名滝

↓十田川下流の渓谷これだけでも気持ちの良い場所
17-11-12十田川に落ちる無名滝の谷
↓十田川の下流に落ちる滝 , 1000m下流は下八川川


↓長引の集落に行く途中のヘアピンから遠望もできる山子滝(ヒトツウチの滝)
17-11-12山子滝1
ここの近くに行くのに荒れた休耕田をあちこち行きようやく近くまで行った。
17-11-12山子滝横から
遠望できるように手前の杉を伐採してくれたとのこと。
いの町仁淀川支流十田の川の場所は⇒ https://yahoo.jp/Y98bzl


↓山子滝(ヒトツウチの滝)の動画 手前には断崖絶壁からはがれて落ちた岩があった。


親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
吉野川支流土佐町イナムラ山から流れ出る瀬戸川の水は綺麗、、
17-09-24瀬戸川渓谷
ちょっと場所が違うと水の色が違う。
17-09-24瀬戸川渓谷の渕1

↓動画


↓すんぐに上流にある名無し滝
17-09-24瀬戸川名無し滝0

↓動画


親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
釜尻ノ滝と人面岩、、
2017-09-04 Mon 16:54
大豊町沖野々川にある釜尻ノ滝、今回は大きなお釜の対岸から激写、右下に大きな人面岩
釜尻の滝と人面岩

↓沖野々の集落を過ぎ殆ど今は通行してない林道を行く。
釜尻ノ滝への道

↓林道から雑木の生えた崖を降りて行く 写したのはまだまだ傾斜が緩い方。
釜尻ノ滝へ降りる

↓最近一人では危ないので香川のY君と行くことが多い、写真以上に落差があり大迫力
釜尻ノ滝全景と山本氏

↓下には二の滝があるが長い年月で 滝口の岩が削られ落差はわずか。
大きなお釜は三つあるので多分大昔は香北の轟の滝のように三つ滝とお釜があったはず。
釜尻下の滝

↓動画もどうぞ!


親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
県内でも一番苔の多い秘境、大豊町東庵谷地区に流れ落ちる轟の滝、、
大豊町轟の滝 東1
高さは20m三段に落ちる東側の滝、苦労して来た甲斐がある場所だが危険がいっぱい。
17-08-21大豊轟の滝
↓林道から登ると鹿よけのネットがあった、同行してくれた滝仲間のY君
山本氏
↓40m以上はある川幅に大きな岩と苔がいっぱい、三脚を据え撮影中のY君、足元が不安定で撮るのに必死。
大豊町轟の滝山本氏

↓ここには10数年前一人で来たが今回途中登ってくるのに斜面が以前よりアチコチ崩れわずか200m登るのに半時間以上掛かった。幅が広い場所の為 西隣にも落差10mはある変わった形の滝がある。
17-08-21轟の西の滝

↓動画で見るともっと雰囲気判る。



大豊町庵谷トビアレダニ川轟の滝

親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
殆ど車も通らなくなった林道は落石もあり途中除けながらしばらく行くと篭畝神社がありその下にあった。
17-08-21釜尻の滝上から

↓以前対岸から写した同じ場所、こじゃんと大きなお釜が迫力,上の画像は右上から写した。
釜尻の滝2



親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
仁淀川支流いの町,勝賀瀬川の西 林道三ツ内線椿橋近くにあった無名滝、
林道三ツ内線椿橋の無名滝
落差は小さく約5mだが附近は苔が多く涼しい。
林道三ツ内線椿橋の滝2
↓下流側
林道三ツ内線椿橋の渓谷
↓短い動画


親サイト高知の面白いページ
高知の滝と渓谷 | コメント:0
| 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 |

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

| 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 | NEXT