FC2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

佐川町柳瀬川山の神神社の渓谷

仁淀川支流柳瀬川上流部山の神神社下の渓谷は一年中苔が綺麗
21-03-14柳瀬川山の神神社の渓谷

21-03-14柳瀬川山の神神社の渓谷2


21-03-14柳瀬川山の神神社の渓谷3

👇苔マニアにしたら 堪らん場所です。仁淀川支流柳瀬川(地図では尾川川)長谷渓谷のちょっと奥
21-03-14柳瀬川山の神神社の渓谷4


長谷渓谷のブログはここをクリック

にこ淵上流の渓谷と無名滝

にこ淵は程野の東滝 西滝 権現滝を集めて落ち、途中には色んな渓谷と無名滝があるがです。
17-02-19にこ渕東上

👇東滝から西滝に行く遊歩道の上から落ちる無名滝・晴天日が続くとオシッコ滝になります。
21-02-02東滝西の無名滝

👇東滝上の渓谷を遡り見つけた無名滝 普通に歩いて行ける道は無いです。
21-02-02東滝上無名滝

👇にこ淵上流の渓谷 車を置ける場所に置き、崖を降りた所
17-02-19にこ渕上流の渓谷2

👇にこ淵上流の渓谷
17-02-19にこ渕上流の渓谷

👇愛犬シータンも一緒に渓谷散歩
17-02-19にこ渕上流の渓谷と一緒に

👇20数年前から広い程野にはまり、多分50回はあちこち写真を撮りましたけんど、
まだまだ撮れてない場所があるがです。猿だったら行ける500mの断崖のあちこち
に無名滝が無数にあります。
21-02-02程野マップ

落差60mの東滝を途中の崖から見た動画

落差100mの西滝を西滝駐車場からちょっと危ない道を登り西滝展望所から撮った動画

2004年5月 にこ淵の姿にビックリ!

近年仁淀ブルーで全国で有名になったにこ淵は時々大きく表情が変わる。
筆者は にこ淵に通いだして20年を超えたが、その表情は行くたびに変化
する。色が変わり水量が変わる。2004年5月30日大雨の後行くと、お釜に
白い砂状の小石が大量に積もった姿を見た時にはびっくりした。
2004年5月30日にこ淵

👇上の画像の4ケ月後にこ淵に行くと、お釜には大量の水が貯えられていた
大雨の後と太陽が上から注がんと水の色は綺麗には見えんです。
2004年8月にこ淵

👇上流から対岸に渡り右岸上から(向かって左上)お釜を撮ると、結構大きな白い岩がゴロゴロとあるのが見えた。
2005年8月にこ淵横上から

2015年頃まではもちろん階段も無いし、降りて行っても人と会うことは全然無かった。
10-09-26にこ淵

👇何時の頃から岩の上の苔があんまり見えんなってきた。多人数の人が上がる為か?
11-07-10にこ淵と苔

👇動画


👇程野の滝とは東滝、西滝、権現滝、大樽の滝の4つの滝の総称です。にこ淵だけ見て
帰る人がほとんどですけんど、せめて東滝(落差60m)の展望台に行くと東屋横から見下
ろすことが出来ます。馬力があれば上の駐車場に置き、危ないですけんど遊歩道から
約40分降りたら東滝を見上げる場所に行けます。普通の靴では滑って危険。
20-12-23hodonotizu.jpg

👇程野東滝を横から撮った


筆者がアップした、いの町(旧吾北村)程野へドライブ 程野の滝 温泉 西滝 東滝 にこ淵の紹介ページ

越知町にある3つの龍王の滝

👇桐見川の龍王の滝
仁淀川水系坂折川支流の桐見川に落ちる龍王の滝は県道18号線のすぐ横に落ちる
直瀑の高さは15m・右岸に海津見神社があり戦後梼原町の海津見神社を勧請したも
のでその時に龍王の滝と言うようになった (武市伸幸著 高知滝百選より)
20-11-16桐見川龍王の滝

20-11-16桐見川龍王の滝2

👇大平の龍王の滝
桐見ダム湖上流左岸を遡った大平の集落の上方天草谷川の水遺神社の奥に
落ちる龍王の滝は3段あり、上部は8m、うっそうとした林の中に落ち雰囲気がある
越知町史によると、古来は色々な怪事が続発した為四万川龍王を勧請しこの滝の
脇に社殿を設け、水遺神社と称して祭事をおこなった。それ以来怪事は収まった。
また中大平の龍王の滝に入水した娘は、この大平の滝に入り、続いて桐見川の
龍王の滝(一番上の滝)に入水したのち、長沢の滝に入ったと言う(高知滝百選より)
20-11-16大平龍王の滝0

国土交通省の河川データでは支流名は無いが8808040000と言うコード名が付く
20-11-16大平龍王の滝縦

中大平の海津見神社は近年崖崩れで崩壊し別に移されている。
20-11-16中大平海津見神社跡

👇中大平龍王の滝は中大平龍王橋の上の旧海津見神社の左手奥に落ちる。
滝の高さは6mあまり、中央に岩があり普段は2条の分かれて落ちる高さ6m
この滝には、昔、高知のはかり屋の娘が蛇身に変わって入水したという言い
伝えが残っており(嘘はつかれんぞ)と戒めるために、地元の子供たちは
小さい時から話して聞かされたという。(高知滝百選より)
20-11-16中大平龍王の滝0

越知町3龍王の滝場所(武市伸幸著 高知滝百選より)
越知町3龍王の滝場所

この他 越知町には佐之国・白山龍王の釜 落差18mと八大龍王の釜と合計したら
5つもの龍王の滝があり、県内あちこちの龍王の滝も入れると合計10滝もあるがです。

高知の滝280滝のデーターベース

越知町長者 堂林の滝とシロを油絵風に!

仁淀川支流坂折川・仁淀川町との境近くに落ちる堂林の滝と愛犬シロ
20-11-16堂林の滝とシロ

👇残念ながら5度行くも この場所のモミジの色の真っ赤なのを見たことが無い。
20-11-16堂林の滝


👇 待てと言われ おとなしく佇む シロ    44秒の動画  


仁淀川水系すべての支流が分かる 国土交通省のサイト

中野川川はフライフィッシング専用

国道194号線木の香温泉の南数キロを西に中野川川はこじゃんと綺麗な川
20-11-01中野川川0
中野川川は地図によっては中野川とも書いちょります。

👇寒風山トンネル南を流れる桑瀬川と中野川が合流する場所から西に入る
20-11-01中野川川入り口

👇11月初旬頃は紅葉も見頃。
20-11-01出会橋

👇途中にはフライフィッシングのポイントがある
20-11-02笑い淵


FLYFishiing.jpg

👇綺麗な渓谷があちこちありますけんど、ほとんど急な崖を降りる必要あり、降りるのは自己責任ですぞね。
20-11-01中野川川

20-11-01中野川川4

👇へび橋と名前の場所があった。多分名前を付けるときへびが居ったか??
20-11-01へび橋


今や有名になったソバ時屋の駐車場 1時頃は満車状態、閉店御4時頃通ると車はゼロ
20-11-01中野川川時や駐車場

伊予富士南下の中野川の木こり橋は恐怖だった。

いの町の中野川川中流部にある 木こり橋は丸太の橋で、
ワイヤーに掴り渡る橋だったので興味本位で渡ったが恐怖
2011-01木こり橋

👇片手でワイヤー、片手でカメラを持ち歩くのはかなりの恐怖、高さは多分7m前後?
2011-01木こり橋下

2020年11月1日は紅葉真っ盛りだった。
2011-01木こり橋上流

👇動画で見たら こじゃんと分かりますきね。360度見廻したいけんど、
片手はカメラやし ワイヤーの手を離さんと一回転出来ん。

大川村妃ケ淵は荘厳な場所

大川村の白滝の里に行く途中にある妃ケ淵は迫力がある別世界
妃ケ淵下から12-10-21
2012年10月21日写した画像ですきね。

👇車道に小さい案内板があり階段を降りて途中までは誰でも行けますきね。
2012年妃ケ淵階段

👇フェンスに囲われた場所から滑り台の様な滝を見下ろせるがです。滝本体の落差は にこ淵の約2倍の15m
20-10-21妃ケ淵上から

👇2004年滝上流の崖から降りて後ろの木にザイルを結び、滝上の岩に乗り震えながら覗き込み撮った画像
04-11妃ケ淵滝口から覗き込み


👇降りる所にある説明板と写真(10年前大川村の教育委員会からの依頼で写真を送ったがです)
IMG_0258.jpg

👇地図
20-10-21妃ケ淵地図

👇妃ケ淵と下女ケ淵の動画(大きな音がしますきご注意)

中津川上流の上名野川渓谷

中津渓谷を過ぎ中津山に行く途中、上名野川付近の渓谷は水と苔が綺麗
この綺麗な淵に降り写真を撮るにはザイルが要るのであきらめた。
20-10-11上名野川渓谷4

👇さらに上流の色々な顔を見せる、渓谷
20-10-11上名野川渓谷


20-10-11上名野川渓谷3

令和2年3月見つけた無名滝、その時岩の上で足を滑らし、あばら骨を骨折したのでリベンジの為、再訪問
20-10-11上名野川の無名滝2


20-10-11上名野川の無名滝

中津渓谷 石柱を渓谷に降り、下から 裏側から撮った

仁淀川支流の中津渓谷最深部にある石柱に降り亀裂の入った石柱を裏から見上げて色々撮った。左上に見下ろすための木製の橋が見える。現在は残念ながら付近の水深が深くとても一眼を持っては行けんなった。
05-08石柱裏から見上げて

中津渓谷遊歩道最深部にある木製の橋から誰でも見下ろすことが出来る 石柱
05-08石柱見下ろす

渓谷には自前のロープを遊歩道上から垂らし、約7m下に降りて、この時は水深が50㎝
ほどしかなくぞぶって行けた。現在は深い。正面から見たら人間の足の形に見えた。
05-08石柱正面

石柱の裏側から見上げたら水に岩がえぐられて湾曲した岩が見事。
05-08石柱裏側

後ろから見るとふくらはぎのような石柱に亀裂が入り、上流から大雨で岩が流れてきて崩壊するように見えるが約15年前撮影
05-08石柱後ろから

石柱に行く途中の渓谷の岩肌の模様は迫力がある。
05-08-中津渓谷最深部


05-08中津渓谷最深部1

渓谷にある人面岩
05-08中津人面岩

見下ろして撮った動画

 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

高知あちこちの画像

カテゴリー

プロフィール

JJJ

Author:JJJ
高知の色々面白再発見を写真と説明で
親サイト 高知観光・高知の面白

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

この人とブロともになる

Template by たけやん