fc2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

菅原高視邸が高見町に あったと言うのは本当か?

西暦901年1月25日菅原道真公が太宰府に左遷されると嫡子右少辨高視朝臣もまた土佐権守として
京都を逐われ土佐国潮江に居住したと言われているが、約30年後 土佐日記の紀貫之が国司として来
た時も土佐国府は南国市比江であった。通勤するにはあまりにも遠い。ましてこの時代は潮江と大津
付近は海である。船で行くには港があった筈。それならば小字名に(津)等が残るはず。
それと第一に土佐権守としての屋敷にしては、あまりにも狭い屋敷跡。推測すると別邸かも??
21-02-17菅原高視邸跡

👇屋敷跡は筆山トンネル東交差点南のマンションを西に入る
②12-09菅原高見邸跡入り口

👇山に上がる道を左に進む
③20-12-09菅原入り口

👇屋敷跡と言われる場所の下に説明板があった。
④20-12-09菅原高見邸跡説明

👇菅原高視邸跡碑
⑤21-02-17菅原高視邸跡碑

👇屋敷跡の上に お墓もあるが、この当時の墓は土饅頭がお墓であり、墓石としてはこの時代まだない
と分かっている。土佐に5年間居て帰京し38歳で病死しているし墓石は新しい。
このことは長宗我部地検帳研究第一人者でもあるA氏が以前から唱えている。
⑥12-09菅原高見墓所




キリストにしても父親は居らずマリア様が馬小屋で産んだ、と言うのが通説でもあり、深く追求することでもない。







PageTop

悲劇の殿様 土佐麻布支藩藩主山内豊福の墓

悲劇の殿様 山内豊福は容堂の弟分、お墓は旭天神町、高知市の水源である水道山に
一人寂しく眠っちょります、令和2年10月27日に3度目の墓掃除。綺麗になりました。
20-10-30山内豊福墓

掃除前はものすごい状態。付近は高知市管理の為、市が依頼し民間業者が綺麗に
してくれているがこの場所は個人のお墓の為毎年雑草が伸び放題
20-10-30山内豊福墓掃除前

悲劇の殿様の説明
20-10-30山内豊福墓説明

👇動画 毎年須崎の小野さんがエンジン付き草刈り機を持参、駆けつけてくれて
短時間で刈ってくれる。以前は野中兼山の墓掃除の時もやってくれ大感謝です。


PageTop

小津高校の前身 海南学校の初代校長 吉田数馬 

龍馬を敬慕し龍馬に気に入られた吉田数馬は十市に生まれ後に現土居町に住み生涯を終えた
吉田数馬説明

👇丸く一目で解る変わった形の墓は一部欠けている。
戊辰東征に従い新留守居組になった。維新後に征韓論で下野し帰郷し、山地元治
北村重頼らと相談して、山内豊範に海南私塾を東京に設立させた。明治9年高知に
分校(後の海南中学・現小津高校)が開設され、山内家相談役谷干城の信任厚い
数馬が初代校長に任命された。教育者で全国初の藍綬勲章を受けた。
20-10-18吉田数馬墓

👇筆山トンネル上 野中兼山の墓の上の横道から見上げると丸い変わった形の墓が見える。
20-10-18吉田数馬墓2

 墓石に書かれた文字は今は読めんですが
 土佐史談会発行の(土佐の墓)から引用
嗚呼人も死すべき時に死せざれば死にまさる恥ありとかや
野夫も本年齢已に六十に達しつくづく往時を回顧すれば所謂
死すべき時もありつれど機を誤りて生きながらへ、永らく海南
学校のお世話致し居りしも、之亦何の貢献する所もなく、遂に
老齢を以て今般御辞退仕る爰に同校出身の諸士は、野夫が
年来の勤労を多とし、金員及銅像等を恵与せられ、実に慚愧
赤面之至りに候。志かれ共又、折角諸士の野夫之老懐を慰せ
んとの此の美挙を敢えて御辞退申すも、却って礼にあらざるべ
しと仍て其の贈与せられたる銅像は、永く家に蔵し、金員は以
て野夫夫妻の壽碑を作り、藹然たる諸士の芳情を永く子孫に
伝へ度、自ら愚衷を碑面に勒し、之を表する事如此候也。
   明治四十年一月           加壽万しるす

👇動画


高知県立高知小津高等学校の沿革

凄いデーター 土佐の歴史散歩

PageTop

寺田寅彦と父母と彼の3人の妻の墓所

理学博士・物理学者でもあり随筆家でもあった寺田寅彦は高知市東久万に眠る。
寺田寅彦ブログ
寺田寅彦の生まれは東京だが幼時に大川筋に帰る。第五高等学校で漱石に英
語と俳句をまなび、東京大学に行く時代に正岡子規を識る。大学院で実験物理学
を研究する一方ホトトギスに写生文を発表。東大講師・助教授を経て留学帰朝後

教授になる。理学博士、物理学者で(天災は忘れられたる頃来る)の警句は有
名。寅彦の研究と興味は広凡で物理学の全分野にわたり論文は250篇に達し
ている。随筆・俳句の他、多芸・多趣味であった。
 以上 土佐史談会発行の)土佐の墓)より


寺田寅彦の父 利正は文久元年永福寺門前の「井口事件」があった時、親戚に
依頼され少年宇賀喜久馬の介錯をし、また、利正は後に陸軍会計官として
西南戦争にも従軍しています。 
以上  前田秀徳著「龍馬からのメッセージ」
20-07-21寺田寅彦の父墓

寅彦は妻に恵まれず 手前の紳は3番目の妻、昭和33年72才で亡くなり。
その隣が2番目の妻 寛子で大正6年31才で亡くなり。その隣が最初の妻
夏子で明治35年20歳で亡くなってます。
20-07-21寺田寅彦墓2

寺田寅彦墓誌
20-07-21寺田寅彦墓誌


20-07-21寺田寅彦墓説明

動画



ここに寺田寅彦の墓入り口 ここから300mの標識

PageTop

土佐文旦発祥の地

土佐市宮の内に土佐文旦発祥の地がある、意外と新しく昭和18年宮地文弥氏が果樹試験場から苗木を導入したとのこと。
20-06-17土佐文旦発祥の地説明


20-06-17土佐文旦発祥の地碑


20-06-17土佐市宮ノ内マップ

土佐文旦発祥の地はここ

【土佐文旦】のことを紹介させて下さい 白木果樹園

PageTop

土佐史談表紙の写真の最初は昭和39年金銅旅壇具

金銅旅檀具とは早い話 旅行に持って行く仏壇のこと。大正6年創立 
土佐史談会の機関紙の表紙は文字のみで途中から田中光顕の揮毫
で現在も使用 写真を使用したのは昭和39年発行108号が最初
土佐史談108号表紙

↓ 金銅旅檀具とは 詳細 ↓
108号表紙2 (2) (1)

土佐史談会 HP

PageTop

土佐山田町 野中兼山終焉の地と野中神社

野中兼山は物部川の山田堰 仁淀川の八田堰 等々県内に多くの治水灌漑による
新田開発や在郷町の開発、港湾の整備など土佐藩発展の基礎となる事業に次々と
着手し 土佐藩の財政と民生の向上に大きな役割を果たした。しかし同僚である藩政
幹部からの反発や嫉妬を招き、失脚の憂き目に遭うことになる。失脚後、かれは香長
平野の新田開発事業の拠点として構えた山田中野の別宅「明夷軒」に蟄居。一度の
登城もせず、門を閉ざし来客も拒み読書三昧の日々を過ごしていたが、間もなくにわ
かに病を得て四十九才の生涯をここに終えることとなる。
20-03-28野中兼山終焉の地

1分2秒の動画


野中兼山の娘が40年の幽閉を解かれた後 医師として生計を立てながら、
兼山や失意の中に息絶えた野中家の人々の祭祀を守り、父の汚名が晴
れることを願って生き、遺品、家財を売却した僅かな資金で、旧臣古槙
氏の協力により山田上野の地に祠堂を建立し「野中神社」として祀った。

野中神社
20-03-28野中神社

野中神社場所
20-03-28野中神社場所



野中兼山と 娘 婉の墓は高知市筆山にある。


PageTop

野根山街道 岩佐の関所跡(番所) 

安芸郡奈半利町から山越えで東洋町に至る44キロの山道の途中にある岩佐の関所跡
土佐では関所のことを、番所と呼ぶが何故かここは関所と呼ぶことが多い。
藩政時代土佐には86番所があり、岩佐は土佐の主要3番所の一つ、
他は大豊町の立川番所 もう一つは 仁淀川町の用居番所がそれである。
20-03-25野根山岩佐番所跡

左上には参勤交代のための御殿跡。 幕末には勤皇党の武市半平太の
獄からの釈放と藩政の改革を要請するため、二十三士がここに集結した
が土佐藩はそれを却下、首謀者の清岡道之助一行は阿波まで逃れたが
討伐軍につかまり 安芸郡奉行所に送られ、翌日全員が斬首された事件は有名。
20-03-25岩佐番所跡3


20-03-25岩佐番所跡2 (1)


20-03-25岩佐番所跡4

地図は南北反対で野根の方から見た地図。現在 岩佐の関所まで行くには
野川林道の途中の宿屋杉登山口まで車で行きそこから徒歩で約2時間
20-03-25岩佐番所跡地図改

ちょっと平らになった場所は 参勤交代の途中で宿泊する藩主の御殿跡
20-03-25岩佐番所跡6

幽霊が出ると言う悲しい伝説が残る。
20-03-25岩佐番所跡0

PageTop

安岡良亮のことを知る人が少ない!

幕末 現四万十市生まれの安岡良亮は幕末において幡多勤皇党 樋口真吉と並ぶ人物であり 
龍馬より10歳年上である。京都の小松帯刀邸において、薩摩の西郷隆盛と土佐の乾(板垣)
退助の間で交わされた(薩土密約)の締結にも参画した。
 戊辰東征にて迅衝隊半隊長として参加し 千葉流山で捕縛された新選組近藤勇を江戸板橋に
連行し、刑を決めるさい、土佐代表の良亮と谷干城の強い主張が通り、斬首したことは有名である。
20-03-19安岡良亮
戊辰戦争時は龍馬暗殺の犯人は新選組と言うことが信じられており安岡良亮と谷干城は龍馬の敵討ちをしたもの。



数少ない 安岡良亮の写真 
2020-03-19 112213

安岡良亮はその後明治新政府に入り集議員判官、民部小丞から、
高崎県(群馬県)参事、度会県(三重)大参事、さらに白川県県令
白川県が熊本県に改まってからの初代県令(知事)となった。

これらの県はいずれも廃藩置県後、政情が不安で難治の県と
されていたところであり、良亮の人心掌握の力をかっての
大久保利通の任命であった。熊本では不平士族の神風連が

暴発寸前であったが、良亮による硬軟両様の融和論が
功を奏しつつあった。しかしこれをおさえられず、ついに明
治9年、神風連の切込みにあり、命を落とした(52才)

乱は制圧されたが、危機感をもった政府は、いったん退
ていた熊本鎮台長官に谷干城を再任し、防備を強化した。
もし、神風連が温存されていたら翌年の西南戦争において

西郷軍に合流したてあろうし、そうなれば熊本城は落城
全国の反政府勢力が一斉蜂起し、明治政府は瓦解して
いたであろう。

盟友谷干城は熊本で英雄となったが、良亮は捨て石となった。
    
   以上 土佐史談 264号 安岡良亮とその一族
          田中全氏 著 より 引用

墓は熊本城近くの県官墓地にあるが熊本の人達からも
忘れられた存在になっている。

尚 この論文は一部で 全部を見たい方は088-854-5566 
土佐史談会事務局に連絡頂くと有料ですがコピーの上郵送致します。



PageTop

大正15年頃の潮江と昭和46年の潮江

潮江村は1926年(大正15年)1月25日 - 高知市に編入。高知市潮江となる。
住宅は天神町、梅ケ辻、筆山町、塩屋崎町付近のみ。
現在の潮江中に女子師範学校があり、高知商業高校が県民体育館の
場所にあり、南中高とわんぱーくこうち付近には競馬場 他はほぼ田畑 
    (昭和47年潮江中学が作った本より)
大正15年頃の潮江

昭和46年頃の潮江地区は土居町、潮新町、百石町等、桟橋通は3丁目まで、孕西町等、住宅が大幅に増えた。
 (昭和47年潮江中学が作った本より)
昭和46年潮江地図

高知市に編入された村と増えていく潮江地区の人口
   (昭和47年潮江中学作った本より)
増えていく潮江の人口2

現在の潮江地区 ヤフー地図

PageTop