fc2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

こりゃーなんぜよ?大きな穴が開いた木が二ノ丸の池の傍にある。

高知城二ノ丸・藩主御殿跡の池の傍にある木は二股の幹が合体した面白いイスノキと言う木
◎なんでこんなになったかというたら、 幹が二本で成長し
ある時反対側から出た枝に触れたため完全に合体。
合体部分は養分や水がうまく流れる為成長を続けている。
*以上 高知緑と水の会が発行したパンフレットによる。
①24-03-01イスノキ

👇二ノ丸の南西・池の手前にあるき、すんぐに分かる
②24-03-01イスノキ

👇53秒の動画 (令和6年3月1日)現在 チャンネル登録数994人、、1000人までもうちょっと!


PageTop

イチイガシの幹の中に山伏が居るのが見えると言うので撮ってみた。

須崎市浦ノ内東分の熊野神社にあるイチイガシの巨木の中に山伏姿の人が見えると言うが??
⓪⓪24-02-18

👇浦ノ内鳴無神社対岸のちょっと北側県道47号線沿いにあった。
④24-02-18浦の内熊野神社イチイガシ説明

👇熊野神社に行く階段横にある神社の説明板
⓪24-02-18浦の内熊野神社イチイガシ説明

👇社殿前にあるイチイガシの巨木・鳥居と比べたら大きさが解る
②24-02-18浦の内熊野神社イチイガシ

👇山伏姿の人が居るか?見て 探し撮ったがそう言う姿は見えず。記念写真。
④24-02-18浦の内熊野神社イチイガシ

👇動画


浦ノ内東分熊野神社の場所

PageTop

天守を見上げるカヤの古木は樹齢600年・一豊も見たはず!

高知城杉の段の古井戸から20m、天守を見上げる榧(カヤ)の古木は城内一の古木
600年と言うことは長宗我部元親・山内一豊も見たことがあり、城の火災でも残った古木
カヤの木は 碁盤などにも使用され高価な為に古木が切り取られ、貴重な木となっちょります。
カヤの木と天守②

👇カヤの木の葉。 カヤ(榧)の木は大変、質の良い木で、直径1.1mほどの
成木となるには300年かかるとも言われ、日本産の伐採できるカヤの原木は非常
に少なくなっている事から、現在では最高級木材のひとつとなっています。
以上 木材博物館HPより
スクリーンショット 2024-02-13 223133

👇動画

PageTop

こじゃんと複雑怪奇な奈半利の須川八王子宮の竜杉

安芸市の東の奈半利町の海が見えるコスモス畑の近く南東にある、
須川八王子宮の竜杉は複雑な形の町の天然記念物に指定されちゅー
①奈半利竜杉

👇とにかく複雑な杉、しかも周囲に竹等が密集して全体が解りずらい
②奈半利竜杉

👇一回焼けたようでしかも空洞の中に竹が何本も生えたのが見える
③奈半利竜杉と竹

👇横に水平に伸びた大きな枝がまさに竜に見える
④奈半利竜杉

👇手前の道から見たら上部だけ見えるが杉の木には見えん
⑤奈半利竜杉

👇須川八王子宮入り口左にも根が水平に伸びた木があった。
⑥須川八王子宮

👇動画で見たらちょっと解るかも?


グーグルで奈半利町須川八王子宮この場所まであんなしてくれる">グーグルでこの場所まであんなしてくれる.




PageTop

いの町樅木山の大杉は県指定天然記念物

いの町小川を流れる高樽川中流の北に樅木山中腹にそびえる大杉は大きかった
⓪23-03-05樅木山の大杉

👇見上げても上が見えんほど40m以上と高い
③23-03-05樅木山の大杉

👇高樽川を遡る道際の説明板
①23-03-05樅木山説明

👇案内図だが人家は空家又は現在は無い。途中大杉と書いた矢印がある、
②23-03-05樅木山大杉案内図JPG

👇山に登り慣れて無いと 片側に滑落する恐れあり、なかなか急な登りが多い
④23-03-05樅木山道

👇途中に別の大きな杉の木もあった。
⑤23-03-05樅木山 別の大杉

👇1分14秒の動画


樅木山の大杉に行く山道の入り口の地図

PageTop

安芸市尾川乙十二社神社には変わった大きな杉がある

安芸川支流尾川川を遡ると尾川乙に十二社神社がある。鳥居後ろに変わった形の杉の巨木がある。高さ45m
(15階建てのビルに相当)幹回り8m 樹齢は300年以上と 堂々たる杉の巨木普通の杉は真っすぐに育つが地上
数mから手前に大きく分れた大きな枝がすごい形
22-09-09安芸尾川二社神社の杉

👇写す場所が限られて全体が写せないが すごい巨木に圧倒される,残念ながら猪除け電気柵があり 境内には入れず。
②22-09-09安芸尾川二所神社の杉

👇動画

PageTop

香美市物部町大栃のムクノキは凄い

永瀬ダム湖を見下ろす場所にあるムクノキの大木は樹高約20メートル、高知県指定天然記念物・
推定樹齢は約400年の古木:根元の周囲は約7メートル、地上約1.5mのところで三方に枝を張る
②21-07-08大栃のムクノキ

👇山側からダム湖方角に大きく枝を伸ばした大木
①21-07-08大栃のムクノキ

👇ここの場所は傾斜地で、その昔 山津波で押し流されてきて、そのまま大きくなったと言われる。
③21-07-08大栃のムクノキ

👇県指定の天然記念物の説明
⑤大栃のムクノキ説明

👇動画



香美市物部町大栃のムクノキの場所

PageTop

鴨部・紅葉橋南岸の桜センダンが満開

普通のセンダンと違いここのセンダンは花だけが桜の様に派手に咲く、その為桜センダンと呼ばれちょります。
令和3年5月1日は3時頃まで雨が降ったりやんだりの天気、夕方になり青空が見えたので、愛犬シロを連れ
鏡川橋南から散歩に行くと、丁度桜センダンが満開。
21-05-01桜センダン1

21-05-01桜センダン0

👇西部中の北には結構大きなセンダンがある。こちらは花と葉っぱが同時(これが普通のセンダンの花の咲き方)
21-05-01普通のセンダン

👇 動画 (手振れが酷い)

PageTop

土佐市京間の大銀杏

土佐市仁淀川堤防上にある京間の大銀杏の根元を見ると10本ばーが堤防から
生えたように見えますけんど、堤防のかさ上げにより数メートル以上埋まっており
根元は一本とのこと。昭和43年に土佐市の天然記念物に指定されちょります。
20-12-11京間の銀杏

新しいしめ縄、 根元を覗き込むと祠があり 今でも大切にされちょります。
20-12-11京間の銀杏2

2020年12月11日行ったが、まだ緑色も残り、しばらく鮮やかな色を見せてくれそう。
20-12-11京間の銀杏3

一級河川仁淀川の右岸堤防上
20-12-11京間の銀杏4


土佐市京間の大銀杏の場所

PageTop

大豊町熊野十二社神社の牡丹杉

大豊町桃原の牡丹杉は天狗杉とも呼ばれている。1200年前京都の巫女が土佐に流され、その巫女が植えたと言う伝説の木
20-10-04大豊牡丹杉0

👇斜面の高い方より1.3mの部分を図った幹回りは10.6m樹高31m、樹齢は説により違うが1200年と言われている。
20-10-04大豊牡丹杉


20-10-04大豊町熊野十二社神社


20-10-10桃原の牡丹杉説明

動画

PageTop