イケメンの東郷平八郎の書が三翠園にあった

2017.02.23 (Thu)
大正天皇が皇太子であられた明治四十年(一九〇七)この地にご宿泊の時
鏡川の美しさを“ 水よき哉(かな)”とお褒めになり、その館を「水哉閣」と賜名
され供奉員の東郷平八郎大将に命じて墨書させ賜ったもの との説明。
東郷平八郎画像と書3


↓水哉閣 (すいさいかく)大正天皇が皇太子の時宿泊した。
水哉閣 三翠園700

↓現在の高知三翠園温泉 湯殿・水哉閣 一年前西武ライオンズの菊池雄星投手と露天風呂で一緒になった。
一豊の湯


親サイト高知の面白いページ
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top