トップ画像
昭和の時代は柳原公園と呼ばれ平成の世に みどりの広場となった
松の木の左には山内家の散田邸と呼ばれる1万坪ばーの屋敷があった。
柳原公園とみどりの広場
昭和40年代まで現在のみどりの広場附近は現在と違い車がそのまま鏡川に乗り入れ出来たもんです、洗車をするにこじゃんとのーが良かった。あちこちの中洲も広く干潮の時はボートにも乗れんばー川が浅く 泳ぐ場所は限られちょりました。

親サイト高知の面白いページ

関連記事

土佐の昔 | コメント:0
<<柳原御旅所鳥居は藤並神社から・ | 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 | 西郷隆盛・山内容堂公・会見の地>>
この記事のコメント
コメントの投稿

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

| 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 |