トップ画像
山内はよそもんじゃき
2018-06-09 Sat 09:15
筆者は山内家の次男坊と家も近く幼稚園から親友でそのことを話すと
おんちゃんたちに(山内はよそもんじゃき)とよく言われたけんど、、、
そもそも日本人は大昔に大陸から移り住んだ民族で天皇陛下もそう。
山内家も土佐に来たのが長宗我部氏より遅かっただけ それより
現在の高知市の元を創ったのは紛れも無く山内一豊と康豊兄弟じゃきね。
山内はよそもんじゃき

↓寛延年間頃高知城下郭中之図(吉松靖容氏写し図)江の口川と鏡川に挟まれ 三角州の中央の大高坂山を中心に侍の区画の郭中を作りその東西に商人の上町 下町等を作ったのが現在の高知市中心部
寛延年間頃高知城下郭中之図

どうしてほとんどの おんちゃんが山内を他所もんと言うか? 考えてみたら これはもちろん関ヶ原の戦いで徳川に付いた山内一豊が褒美として掛川からもっと広い土佐を頂き長宗我部氏の家来が残る土佐に入り色々な手で息の根を止めたのが一番の理由と思う、その後長宗我部の家来の家系は幕末まで城にも上がれん軽格(今では下士と言う・白札の武市半平太等は特別)と言う身分に置かれちゅー それに明治からは平民と士族と戸籍謄本に書いたのが昭和四十年頃まで残り、大政奉還の立役者の龍馬人気もあり今で言う上士は龍馬の敵と言う小説 映画 大河ドラマの影響が大きいと思うけんど、どうじゃろうね。高知市の明治時代の人口で士族は千人足らず それ以外と平民は数万人と言う圧倒的違いも理由の一つ。


親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会

土佐史談会



関連記事

土佐の昔の面白情報 | コメント:0
<<平成30年の野市アジサイ街道 | 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 | スベリ山は1727年までは御証文倉があった。>>
この記事のコメント
コメントの投稿

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

| 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 |