トップ画像
香南市野市町東佐古白岩の山の中に鬼ケ岩屋洞窟がある
江戸時代この洞窟には鬼が棲むと言われ戦争中は洞内に陸軍第155師団歩兵第447連隊の一隊と思われる部隊が、防衛陣地を築いていた。全長は約30mほどだが、天井部の高さは、20mとかなり高い鍾乳洞
18鬼ケ岩屋洞窟
見る人が見たらこの洞窟も天井部分などに 鬼、人の顔が見えるはず。
18鬼ケ岩屋洞窟2

↓伝承 お妻が祠跡の記
伝承 お妻が祠跡の記700

まるで母の胎内から外を覗いたような気がする。
母の胎内から

↓50秒頃に女の叫び声が聞こえる。


鬼が岩屋の洞窟の外の石灰岩には近年クライミングをする為にピンを打ち込み自己満足の為 高い場所に登り自然破壊をし そのまま放置する悪質なやからが居る。 事故を起し香南市教育委員会からもお達しがあり今はやってないがピンはそのまま残っている。ビル等の壁面にボルト・ビスを打ち込む時はコーキングを塗った上でビス等を打つのが常識 そのままにするとピンを打ち込んだ隙間から水が入り岩が崩れる可能性ある。
18-09鬼が岩屋ピン
↓垂直に切り立った高い壁に何ヶ所もピンが見えた、許されることではない。
18-09鬼が岩屋の壁


親サイト高知の面白いページ
関連記事

土佐の昔の面白情報 | コメント:0
<<土佐市出間夕刻のひまわり 後ピン 前ピン | 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 | 穴内川支流 桑の川の苔の渓谷>>
この記事のコメント
コメントの投稿

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

| 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 |