FC2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

土佐の碑(いしぶみ)を未来永劫に残す作業

土佐史談会に寄贈され残されていた江戸時代から残る石碑等の拓本をデータ化
石碑も石自体が酸性雨の為 風化し苔が生え文字が見えなくなるので後世に残すには今しかない。
福島順司氏寄贈拓本撮影風景
福島順司さんが県内を走り回り石碑、墓石の苔を綺麗に取り除き約1000の拓本を土佐史談会に寄贈して頂いちょりましたがあまりの量で手が付けられず今回 日本石仏協会理事・土佐史談会理事 岡村 庄造さんがボランティアで お1人で整理をされいるのを見て これはなんとかデジタル化した方が本にするにも映像で見るにも良いと思いたち、第一 岡村さん1人では数年ですむ作業では無いと思い古文書・崩し字もほとんど読めん筆者がデジカメで写し資料として残す作業を手伝います。といったものの、、実際オーテピア4階郷土史研究室の土佐史談会にカメラ、三脚等持込み評議員の津野氏にも手伝ってもらい7月17日と18日延べ10時間でやっと100数十枚、大きい拓本は畳一枚、他4枚組、墓石4面の拓本等を撮ったが まだまだ数もありオーテピアの駐車場も開館により自由に使用できなくなり 後日仕切りなおしすることになった。
福島順司氏寄贈拓本撮影風景2

高見山にある武市熊吉が明治6年岩倉右大臣を襲撃し罪に問われた石碑の拓本
武市喜久馬 熊吉岩倉右大臣

岡本弥太 歌碑   これは読めるが字が読める拓本は少ない。
岡本弥太 歌碑

墓の4面の拓本
1 ハシモト 4面4枚2

野根山二十三士句碑
野根山二十三士句碑

土佐史談会

親サイト
高知の面白いページ
関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

高知あちこちの画像

カテゴリー

プロフィール

JJJ

Author:JJJ
高知の色々面白再発見を写真と説明で
親サイト 高知観光・高知の面白

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

この人とブロともになる

FC2Ad

Template by たけやん