土佐市京間の大銀杏

2014.12.15 (Mon)
土佐市京間の堤防上に、6本以上のイチョウの木は、それぞれ 独立した
木のように見えますけんど、ほんとは根っこが地下で繋がった一本の木。
何回かの堤防 のかさ上げにより、約10m、地下に埋まっちょります、
樹齢ははっきりせず500年から800年樹高は24m、葉の切れ目が
手を広げたような特徴のある太古の特徴を持つ貴重なイチョウとのこと
以上土佐史談会 理事 武市伸幸氏著 土佐の古木より
京間のイチョウ1
高岳親皇は土佐には来ていないと言うのが今の定説とのこと。
京間のイチョウ2
何本もの大きな幹と 住宅地より堤防が上がっている様子
京間の大イチョウ2

親サイト高知の面白いページ



back-to-top