武市半平太像 新旧比べ

2014.12.23 (Tue)
横浪半島横浪スカイラインにある武市半平太像土佐勤皇党の党首との
理由で龍馬像より大きくと6.5mの像を昭和54年高名な富山県の彫刻家
に依頼、1mの原型像はあまりにも頭でっかちで3回通い手直しを依頼

これくらいならと出来上がったのが最初の像、作者は平安時代の仏像の
手法を取り入れて制作したらしいが残念ながらの姿、作者にも断り日本
では唯一6年4ヶ月の短命で撤去・再建された銅像とのこと・ 
(土佐人の銅像を歩く)より著者 土佐史談会 岩崎義郎氏 

仏像・石像は頭を大きく造るとの説明があったらしく
原型が出来あがりそれを高知県からわざわざ見に行った時
はっきりと作り直しの意見を言えず おかしい銅像が出来た。


taketi_201412231233218c1.jpg

↓手前の刀は溶かされず瑞山記念館に置いちょりますがこじゃんと大きい、
横浪スカイラインにある銅像は五台山山頂付近か護国神社に移設したらえいと思います。
IMG_0010_20170221090440b45.jpg


親サイト高知の面白いページには色んな情報がいっぱい。
back-to-top