fc2ブログ

高知の面白情報・今昔・夜景・等々

高知城国宝化運動 土佐の歴史 高知の夜景、面白、巨木・滝・四季の様子などを画像で紹介

高知城のお堀と江ノ口川の変遷

江戸時代の初め頃 正保(しょうほ)1644年~1648年頃の高知城の堀と江ノ口川
スベリ山北西の江ノ口川が大きくS字に蛇行している。現在の流れとは大きく違う。
21-07高知城正保年間之絵図改
絵図は昭和32年5月5日に吉松靖容氏が内閣大庫所蔵絵図を写し描いたものを撮影させて頂いたもんです。

👇付近の現在の地図、 南の堀は現在奥行き約12m 江戸時代は約21m 12間あった
江ノ口川は大正13年まで現在のスベリ山まで蛇行したあり、その後下図の現在の形になった。
スクリーンショット 2021-07-03 111644


現在の高知城 堀 江ノ口川 付近(グーグル)


関連記事

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する