トップ画像
明治4年廃藩置県により高知城二ノ丸御殿から鷹匠町の広大な散田邸に引越しされた山内家
山内家散田邸筆者は付属幼稚園 付属小学と19代当主の弟と親友で自宅に帰る前に 一緒に帰り約1万坪はあろうかと
言う屋敷のあちこちで遊んだり食事をご馳走になったりし その後 東京のお家 大磯の別荘にも泊めて頂きずいぶん
山内家にはお世話になったがです。

↓土佐の高知の今昔写真 山内家散田邸の石垣が現在にその名残がある、絵葉書の下に書いてある東宮
とは皇太子殿下の来られた場所とのことらしい。
山内神社山内邸

↓現在の三翠園の南側の庭園と池はほぼ昭和20年代と変わってないです。
2008-12-08 11-58-26_0015



親サイト高知の面白いページ
関連記事

土佐の昔 | コメント:0
<<200年前口減らしの為山奥に捨てられた馬の助 | 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 | 高知城は高知の宝 日本の宝>>
この記事のコメント
コメントの投稿

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

| 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 |