明治42年潮江橋 西 中州に集まった人々

2015.11.22 (Sun)
JR仁淀川橋梁8との名前 昭和5年完成時の写真は誤りでした、似たような感じで大きな間違いでした 正しくは潮江橋でした。

潮江橋

以下訂正文引用です
明治42年 野村茂久馬が内国通運の社屋を堺町から堀詰へ移した時の落成式の模様です。
「大八車に新造の平田舩を載せ、これに米俵や餅の山、それへ得月樓の奇麗どころらが乗り込んで何艘もが延々何町にもわたって、きやり節で街をねる。…農人町から堺町へ出て、本町を一回りして、堀詰で気勢をあげたのち河原へ繰り出す。」「餅投場で高い桟敷が要所に組まれ紅白の幔幕がひきめぐらされたところへ、押すな突くなの見物人万余が集る。東西1丁ほどに屋台店もひしめく」
『野村茂久馬翁』より
潮江大橋の下の鏡川です。街中を引きまわしてきた平田船や、紅白の幕を張った餅投場、屋台等が見えます。当時は中州になっていました。また、橋の左端の下に街並みが見えます。 橋の背景には山がありません。集まっている人たちの服装も結構古いです。

写真は土佐の交通王 野村茂久馬翁のアルバムを お借りし 転写させてもらいました。



親サイト高知の面白いページ
コメント
「仁淀川大橋」とコメントされている写真は、明治42年 野村茂久馬が内国通運の社屋を堺町から堀詰へ移した時の落成式の模様です。
「大八車に新造の平田舩を載せ、これに米俵や餅の山、それへ得月樓の奇麗どころらが乗り込んで何艘もが延々何町にもわたって、きやり節で街をねる。…農人町から堺町へ出て、本町を一回りして、堀詰で気勢をあげたのち河原へ繰り出す。」「餅投場で高い桟敷が要所に組まれ紅白の幔幕がひきめぐらされたところへ、押すな突くなの見物人万余が集る。東西1丁ほどに屋台店もひしめく」
『野村茂久馬翁』より
潮江大橋の下の鏡川です。街中を引きまわしてきた平田船や、紅白の幕を張った餅投場、屋台等が見えます。当時は中州になっていました。また、橋の左端の下に街並みが見えます。
橋の背景には山がありません。集まっている人たちの服装も結構古いです。
??? | 2015.12.22 18:47 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top