高知城天守の青銅製のシャチは今まで3度落下

2015.12.03 (Thu)
高知城の天守の鯱(通称シャチホコ)は青銅製で合計4個あり追手門の鯱は瓦で出来ている。
09_2.jpg
鯱も雌雄があり東西の場合東が雄で口を開け 西が雌で口を閉じている。
高知城天守のシャチ左右
南北のシャチは南が口を開けたオスのシャチ (高知城天守のシャチは4つあり上のシャチは南北にあり南がオス)  
鯱(しゃち)とは、姿は魚で頭は虎、尾ひれは常に空を向き、
背中には幾重もの鋭いとげ を持っているという想像上の動物。
IMG_0009.jpg

↓天守の鯱は1757年1792年1899年大暴風雨等で墜落1792年の時は鉄門の上段左手の役人の控所の屋根を貫いたそうです(高知城を歩く・岩崎義郎著より)
シャチホコ落下高知城天守一階ジオラマより

↓真後ろから見たシャチホコ 横の棒は避雷針
シャチ1


親サイト高知の面白いページ



コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top