昭和初期 土佐の十景の第2位だった場所

2016.09.11 (Sun)
仁淀川支流勝賀瀬川 鷹羽ケ森の北面下のすごい渓谷に残る水神堂の滝。
右上に林道のガードレールが見え 左下にかすかに滝が見える 急峻な谷間は
昭和50年の大型台風で渕が埋まり、道が崩れ かっての面影は無い、、。
1098053_519670568111803_1105589493_n.jpg

荒れた急なつづら折れの道を約半時間降りたら立派な石碑があり名勝地 霊山三ツ渕山の石碑があった。
861280_519670358111824_1460986592_o.jpg

現在残る渕と滝はこの水神堂の滝と呼ばれ、底が見えん様な深い渕、この他二つあったらしい、その昔道も整備され行楽客も多かったとのこと。
水神堂の滝2009

親サイト高知の面白いページ
コメント
ここ(だんだんの滝)は、地形図の滝マーク

http://maps.gsi.go.jp/#17/33.609549/133.356836/&base=std&ls=std&disp=1&lcd=cp&vs=c1j0l0u0f0&d=vl

でしょうか?

また、降り口はどこでしょうか?

http://blog.livedoor.jp/sikokuyama/archives/1022185030.html


あと、「昭和初期 土佐の十景」の残りはご存知でしょうか?

また、「大正時代の土佐十景一覧」の中の「吉祥寺跡(香美市)」の詳しい場所はご存知でしょうか?

http://www.city.kami.kochi.jp/uploaded/attachment/1191.pdf

の左上に記載さていますが、大雑把過ぎて分らない…。

タメやん | 2016.09.13 22:42 | 編集
タメやん こんにちは、
土佐の十景は図書館にでもいかんと解らんです、機会があったら、、他にも去年行ってブログにアップしてますね、下のカーブから沢登りで行ったようですが水量がおおかったらこちらからはダメですね、林道もがけ崩れで時々通行止めになます。

吉祥寺跡は知らんですが土佐史談181号に吉祥寺の大涅槃図として写真と記事があります。歴史に興味があったら是非土佐史談会に入会を 色々調べるのに便利です。
JJJこと島崎 | 2016.09.14 14:55 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top