自由の松原と言う名前のバス停の由来、、

2016.12.17 (Sat)
西郷隆盛と西南戦争で戦った谷干城と板垣退助が自由民権運動の構想を練り合い大口論をした場所、、
自由の松原

↓前方に見えるのは浦戸湾 当時五台山から南に海岸沿いに種崎方面に行く道は犬帰りと
呼ばれるばー人が通らん場所、明治時代に、高知の名門と呼ばれる川崎家の別荘があり
民権家は船で対岸から渡り自由民権運動の密談の場所として利用していた。
umetate

動画で映った場所は ほとんど昭和30年代に埋立し出来た木材団地と道


親サイト高知の面白いページ
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top