明治15年発行停止処分され新聞の葬式があった。

2017.01.09 (Mon)
新聞の葬式には本町高知新聞を出棺した棺は5000人に送られ、五台山で火葬にされた。
新聞の葬式3
新聞の葬式

新聞の葬式2
「新聞の葬式」というのは、「新聞係例」を盾にとった、政府官憲による厳しい言論弾圧の中で、
『高知新聞』は発刊以来停刊処分を受けること既に五回、遂に、明治十五年七月十四日には
発行禁止すなわち「死刑」に処せられてしまい前代未聞の椿事、新聞の葬式なるものが同月
十六日に盛大に執り行なわれた件を指す。

姉妹紙『土陽新聞』も停刊中であったので、そのまた姉妹新聞『高知自由新聞』は、同月十五
日の広告欄に黒枠付きで「五回死ヲ決シテ未夕死セズ終二六回一一至ツテ漸ク死芙年三百
又二十三ニテ命ヲ知ル命ナル哉天命蒋夕那遥一一在ルカ看官自ラ撰罵明治十五年七月十

四日午後九時高知新聞愛友高知自由新聞社白三千六百余菖ノ同胞諸君」という文面の『高
知新聞』の死亡広告を載せている・同月十六日の紙上には、哀悼の社説と同日午後一時より
の新聞葬執行の告知広告を載せ、同月十八日の「雑報」欄は新聞葬の参列者五千人の盛況
ぶりを詳細に報じている。この『高知自由新聞』も一週間後の同月二十一日に同じく発行禁止..  

以上土佐史談176号自由民権運動 三大事件建白運動100年記念号 田岡嶺雲と自由民権運動 
高橋正氏著より


板垣会NPO法人板垣会

親サイト
高知の面白いページ


コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top