トップ画像
幕末土佐山内家は3頭政治 それを昭和の山内家18代当主が歴史を紐解き土佐史談に寄稿。
幕末三頭政治

幕末土佐藩の主脳はいわゆる三頭政治で、隠居二人に若年の
藩主という稀有の形であった。隠居は十二代藩主豊資(景翁・
明治元年現在七十四歳)と、十五代藩主豊信(容堂・同年現在
四十一歳)であり、藩主は十六代豊範(同年現在二十一歳)で
あった。  この三頭政治で表面上は藩政が平穏裡に運ばれて
いるかに見えるが、内面の軌牒は相当なもので、これをどうにか
取りまとめてきたのは、とかく批判はあっても、やはり景翁の
老巧さと勢威によるものであったが、幕末における土佐藩の
態度に、とかく因循のそしりがあったとすれば、‐その一因は
上層部の多頭制に帰せられるべきであろう。

あえてその実情を開陳すると、まず、嘉落で剛果な容堂と、謹直
で誠実な豊範ではまったく性格が異って居り、政策上の意見の食い
違いが内在し、また、夫々附随った家臣との関係から、豊範は武市
半平太と彼の同志を救解するため泣いて容堂に訴え、景翁にすがり
てもみたが、その努力もむなしく若い藩主の意志は無視されて、あ
たら有為の人物を数多く処刑する結果となった。豊範の長子である
先代の豊景は、豊範の考え方に強く共鳴し、その立場に同情し、容
堂の浪費に反発を覚えていたが、何といっても容堂は土佐藩の大黒
柱であり、人格者といえなくても、彼個人の能力は抜群で、学もあ
り心臓も強く、その政治感覚に至っては当代屈指とみられていた。

以上 土佐史談155号に昭和の山内家18代当主山内豊秋氏 寄稿の中から一部抜粋

追記 13代 豊凞(とよてる)は約5年 14代 豊惇(とよあつ)は藩主になってわずか
12日後に死去した為 徳川の温情による土佐藩取り潰しを免れた経緯とかがある。

土佐史談会土佐史談会
親サイト
高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
高知市戦後復興史4
2017-05-26 Fri 08:42
高知市大橋通り公設市場昭和25年 65歳以上には懐かしい写真。
大橋通商店街S25年頃

↓堀詰たこ八はその当時有名な にぎり寿司や  あちこちで道路工事が多かった。
本町堀詰附近S29年頃

↓戦後一部の議員の反対を押し切り36m道路に拡張中の県庁前附近。
高知市戦災復興史県庁前より東をs28年


親サイト高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
龍馬とともに亀山社中や海援隊の結成に参加
維新後4県の知事を歴任した石田英吉とは(安田まちなみ交流館・和)にて!
石田英吉展Ⅰ2
勤皇志士石田英吉(伊吹周吉)は安芸郡安田町出身で、天訴組や、
長軍に属して禁門の変、幕府の長州征伐に戦い、征東軍々監として
各地に伝戦したが、幸にも生を全くし、維新後は長崎、秋田、千葉
高知の諸県知事、農商務次官、貴族院議員に歴任し男爵となった。
土佐史談121号 石田英吉 安岡大麓著より

許可を得て撮影 石田英吉
詳しくは安田まちなみ交流館和にて安田まちなみ交流館和

安田まちなみ交流館庭など
安田まちなみ交流館なごみは国登録有形文化財 同時に見れますきね。

親サイト高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
高知市上町5丁目昭和24年東から西を、、  古写真、、、、
上町5丁目昭和24年

↓上町2丁目梅田橋附近昭和29年 南から北方向
上町2丁目梅田橋昭和29年

↓桝形弘小路昭和24年
桝形広小路昭和24年

親サイト高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
昭和28年頃の乗り出しグランド前南 現浅井病院前十字路から南を見る!
のり出しグランド前より南昭和28年頃前方に柳原橋、子供の右に薬局(タバコや)高知市戦災復興史(高知市発行)

↓現在の浅井病院前十字路より南、柳原橋が見える。17-05-04グランド前南


親サイト高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
高知刑務所は現在の城西公園に戦後建てられ昭和50年まであった、、、
昭和42年刑務所
昭和51年現在の布師田に移転 画像は(戦後復興史) 高知市発行より
刑務所所の西側の通り
昭和50年朝6時頃通りかかり正門前に黒服が道の両側に整列し今まさに出てくる時、
肝を冷やしながら通りかかったがですが後で聞くと山口組№2の出所で全国から親分
集が集まったまさにその時じゃったです。

親サイト高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
昭和の時代高知港のセメント工場まで吉良ケ峰からゴトゴト音をたて運ばれよった。
石灰運搬ゴンドラ2

↓高知港の工場 今昔写真
高知港今昔写真

親サイト高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
戊辰戦争で板垣退助の下 近藤勇の斬首を主張(諸説あり)谷干城は高知市久万山に眠る、、
子爵谷干城墓

谷干城墓説明


お墓は久万山(安楽寺山)中腹


親サイト高知の面白いページ

板垣会
NPO法人板垣会
土佐の昔 | コメント:0
高知県立中央病院
2017-02-25 Sat 08:26
1966年(昭和41年)9月23日-新病院の業務を開始  .2005年(平成17年)廃止、、
高知県立中央病院
民間病院との競合により経営が悪化し、同様の問題を抱えていた高知市立市民病院と
民間資金を入れる形で統合高知医療センターに代替される形で2005年3月に廃止され
跡地にはサーパスマンション等、 以上ウィキペディアより、、
日本の高度成長期に出来た高知県立中央病院には色々お世話になったが良い思いでは無い!

現在でも残る 高知県立中央病院のHP

親サイト高知の面白いページ


土佐の昔 | コメント:0
大正天皇が皇太子であられた明治四十年(一九〇七)この地にご宿泊の時
鏡川の美しさを“ 水よき哉(かな)”とお褒めになり、その館を「水哉閣」と賜名
され供奉員の東郷平八郎大将に命じて墨書させ賜ったもの との説明。
東郷平八郎画像と書3


↓水哉閣 (すいさいかく)大正天皇が皇太子の時宿泊した。
水哉閣 三翠園700

↓現在の高知三翠園温泉 湯殿・水哉閣 一年前西武ライオンズの菊池雄星投手と露天風呂で一緒になった。
一豊の湯


親サイト高知の面白いページ
土佐の昔 | コメント:0
| 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 |

フリーエリア

にほんブログ村 写真ブログ 四国風景写真へ
にほんブログ村

フリーエリア

カウンター

BACK | 高知の面白情報・今昔・夜景・等々 | NEXT